2005年12月19日

温泉[三朝温泉]

全国有名温泉ガイド三朝温泉



三朝温泉(みささおんせん)は、鳥取県東伯郡三朝町(旧国伯耆国)にある温泉。





アクセス



  • JR山陰本線倉吉駅より、日ノ丸自動車|日ノ丸バスで20〜25分。


  • 鳥取空港より、空港リムジンバス(日ノ丸バス)で1時間。;高速バス


  • 三朝温泉直行かにバス(シモデンツアーサービス)

    児島駅|JR児島駅・倉敷駅|倉敷駅前西ビル南側・岡山駅|岡山(林原駐車場)・岡山インターチェンジ|シモデン津高(岡山インター北)〜三朝ロイヤルホテル・大学病院前(岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター)・三朝温泉入口・三朝温泉・燕趙園


  • 原則として、毎年冬(今シーズンは2005年1月8日〜3月20日)のみの期間限定運行。3往復運行。


  • 燕趙園は岡山・倉敷・児島行き1本のみ乗り入れで、その他は三朝温泉発着。


  • 岡山インターチェンジ|岡山IC〜湯原インターチェンジ|湯原IC間は岡山自動車道・中国自動車道・米子自動車道経由。

    ・空港リムジンバス


  • 鳥取空港リムジンバス

    鳥取空港〜浜村中央・青谷・恐竜広場前・松崎駅 (鳥取県)|松崎駅前・倉吉駅・八ツ屋・三朝町役場前・大学病院前(岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター)・三朝温泉入口・三朝温泉(三朝商工センター)


  • 山陰自動車道は経由しない。

    ・一般路線バス


  • 日ノ丸自動車(日ノ丸バス)

    海田日ノ丸車庫〜倉吉駅〜八ツ屋〜竹田橋〜卸団地〜三朝町役場前〜大学病院前(岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター)〜三朝温泉入口〜三朝温泉(三朝商工センター)〜三朝車庫〜投入堂|三徳山

    海田日ノ丸車庫〜倉吉駅〜八ツ屋〜総合事務所前〜鳥取県立倉吉東高等学校|倉吉東高〜円谷〜三朝町役場前〜大学病院前(岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター)〜三朝温泉入口〜三朝温泉(三朝商工センター)〜三朝車庫

    生田車庫〜生田〜丸山〜西倉吉町〜西倉吉〜岡田〜河原町〜福吉町〜新町〜赤瓦・白壁土蔵〜堺町(さかえまち)〜円谷(えんだに)〜三朝町役場前〜大学病院前(岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター)〜三朝温泉入口〜三朝温泉(三朝商工センター)〜三朝車庫〜三徳山〜吉原

    生田車庫〜生田〜丸山〜西倉吉町〜西倉吉〜岡田〜河原町〜福吉町〜新町〜赤瓦・白壁土蔵〜堺町(さかえまち)〜倉吉パークスクエア北口〜厚生病院前〜総合事務所前〜竹田橋〜卸団地〜三朝町役場前〜大学病院前(岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター)〜三朝温泉入口〜三朝温泉(三朝商工センター)〜三朝車庫〜神倉(かんのくら)



    泉質



  • 含放射能/ナトリウム・塩化物泉


  • 含放射能/ナトリウム・塩化物・炭酸水素塩泉


  • 含放射能/単純泉

    ラドンが含まれているとされ、源泉中のラドン量について683.3マッヘの記録がある。



    温泉街


    河原の温泉(24時間・無料)から、株湯(元湯)をはじめ、伝統的な温泉街が河川沿いに広がっている。歓楽色は一切ないが、観光拠点としての利用は多い。本格的な療養温泉でもあり、温泉医療のメッカとしても知られ、国立病院や大学病院、温泉研究所が至る所に見られる。またオンドルを持った長期滞在者向けの旅館や自炊宿も見られ、観光と療養という両極性がこの温泉の特徴である。



    歴史


    830年の歴史があるという歴史的な温泉で、源頼朝の家臣、大久保左馬之祐が源氏の再興を祈願し、三徳山三仏寺に赴いた折に命を救った白狼が夢枕に立って、楠の老木から湯が湧き出ていることを教えたといわれる。この湯が元湯の株湯である。出雲国風土記にも温泉に関する記述がある。明治以降は多くの文人も訪れた。訪れたのは与謝野鉄幹、与謝野晶子、野口雨情、志賀直哉、斎藤茂吉、島崎藤村などである。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧





    外部リンク



  • 三朝町


  • 三朝温泉旅館協同組合








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:19| Comment(30) | TrackBack(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月18日

    温泉[熱海温泉]

    全国有名温泉ガイド熱海温泉



    熱海温泉(あたみおんせん)は、静岡県熱海市(旧国伊豆国)にある温泉。日本の三大温泉の一つ。日本の三大温泉場の一つとも言われている。



    アクセス



  • 鉄道 : JR東海道新幹線またはJR東海道本線熱海駅下車すぐ。海岸沿いの中心部へは、バスで約5分。また、伊東線来宮駅からも、温泉地へ行くことが出来る。



    泉質



  • ナトリウム・カルシウム―塩化物・硫酸塩温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)



    毎分湧出量18,000L

    無色透明の源泉

    総源泉数500本以上海岸沿いは塩化物泉の源泉が多く、山沿いは硫酸塩泉の源泉が多い。古くは大半の源泉が硫酸塩泉であったが、ボーリングによる源泉開発を多数行った結果、海沿いの源泉は、地下の線脈に海水の混入量が増えたため泉質が変わった。



    温泉街


    港にすぐ山が迫る地形の中、海岸線に沿って旅館ホテルが立ち並ぶ。尾崎紅葉の金色夜叉の貫一お宮の像がある。温泉街は駅近辺から海岸沿いまで広がってる。共同浴場は8軒存在する。駅前温泉浴場、上宿新宿共同浴場、清水町共同浴場、渚共同浴場、水口共同浴場、水口第2共同浴場、山田湯、竹の沢共同浴場である。多くは鄙びた共同浴場であり、熱海の歓楽的雰囲気はない。

    共同浴場以外にも外来入浴が可能な公衆浴場(ホテル旅館と兼業の物を含む)が多数存在する。


    [熱海七湯]
    温泉街には、熱海七湯と呼ばれる、古くからの源泉が存在する。源泉は整備されいるが、源泉の利用はホテル旅館等で使用されているが、源泉にちなんだ共同浴場などはない(旅館ホテルの外来入浴のみ)。熱海七湯は以下の7つの源泉である。


  • 大湯


  • 野中の湯


  • 佐治郎の湯


  • 風呂の湯


  • 清左右衛門の湯


  • 河原湯


  • 小沢の湯大湯は現在は人工の間欠泉として整備されている。大湯間欠泉は古くは自噴していたが、明治時代中期に自噴がとまった。その後、関東大震災の際に再び自噴が始まったが、昭和初期に再び自噴がとまった。その後、1962年(昭和37年)に人工の間欠泉として整備され、現在に至っている。大湯間欠泉の傍には、日本最初の電話ボックスが再現されている。



    歴史


    古くは徳川家康が訪れたり、献上湯を行った。明治以降は文人墨客が多く訪れ、また多くの作品がこの地を舞台に描かれた。代表的なものは、尾崎紅葉の「金色夜叉」、永井荷風の「冬の日」、林芙美子の「うず潮」などである。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧


  • 日本三大一覧#.E6.B8.A9.E6.B3.89 |日本三大温泉などの一覧



    外部リンク



  • 熱海市観光協会






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月15日

    温泉[昼神温泉]

    全国有名温泉ガイド昼神温泉



    昼神温泉(ひるがみおんせん)は、長野県下伊那郡阿智村(旧国信濃国)にある温泉である。



    アクセス



  • 中央自動車道飯田インターチェンジ|飯田ICより約15分。園原インターチェンジ|園原IC(名古屋方面のみ)


  • 飯田線飯田駅 (長野県)|飯田駅よりバスで約40分。


  • 中央高速バス駒場バスストップ(昼神温泉バスストップ)より車で5分。



    泉質



  • アルカリ性単純硫黄泉



    歴史


    中津川線|国鉄中津川線建設工事のトンネル掘削で発見された。中日ドラゴンズの監督である落合博満が、中日ドラゴンズの選手時代に自主トレをこの地で行った。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク



  • 昼神温泉






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月10日

    温泉[銀山温泉]

    全国有名温泉ガイド銀山温泉



    銀山温泉(ぎんざんおんせん)は、山形県尾花沢市(旧国出羽国、明治以降は羽前国)にある温泉。おしん、ラブひなの舞台になった場所としても知られる。





    アクセス



  • 鉄道:山形新幹線大石田駅よりバスで約40分。





    泉質



  • 含食塩硫化水素泉





    温泉街


    銀山川の両岸に大正時代|大正から昭和初期にかけての建築の旅館が立ち並ぶ。多くの旅館は、建築された当時としては非常にモダンな三層四層の木造バルコニー建築であり、外装には鏝絵が施されている。川には橋が多くかかり、また歩道にはガス灯が並んでいる。銀山側下流側から温泉街を眺めた大正ロマン漂う光景は、温泉のシンボル的な風景である。この光景を守るため、町並みを保存する条例が定められている。当地にある旅館「藤屋」の白人女将藤ジニー(昭和41年3月26日生まれの米国人、旧名ジニー・ビュー)は公共広告機構のCMに出演するなど、メディアに出る機会も多い。温泉街には古くからの「大湯」近年できた「しろがね湯」2軒の共同浴場が存在する。温泉街の遊歩道には足湯もある。



    歴史


    開湯は寛永年間に、かつてこの地にあった延沢銀山の工夫が銀山川の中に湧いている温泉を発見したことによる。1689年銀山閉山後は湯治#.E6.B9.AF.E6.B2.BB.E5.A0.B4|湯治場として賑わったが、1913年の大洪水により温泉街は壊滅した。その後、地元財界の力で復興し、その時に現在の温泉街の光景が作られた。昭和43年11月19日、国民保養温泉地に指定。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク



  • 銀山温泉組合






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月09日

    温泉[那須温泉]

    全国有名温泉ガイド那須温泉



    那須温泉郷(なすおんせんきょう)は、栃木県那須郡(旧国下野国)にある那須岳(活火山)の周辺に点在する温泉の総称(温泉郷)である。湯本温泉以外は小さな温泉で、広々とした那須岳斜面のあちこちに点在している。



    交通アクセス


    郷内の温泉地により異なるが、何れも東北本線黒磯駅からバス (交通機関)|バスの便がある。



    郷内の温泉





    [ 湯本温泉 ]


    九尾の狐伝説で有名な殺生石近くにある温泉街。那須温泉郷で最も古く、唯一温泉街を形成している。泉質は硫化水素泉等。那須温泉郷のシンボル的外湯『鹿の湯』がある。「湯本温泉」は他にも多数存在する。湯本温泉を参照のこと。


    [ 大丸温泉 ]


    那須ロープウェイ山麓駅の少し下に、数件の宿がある。小川をせき止めた露天風呂『川の湯』が有名。明治時代の軍人乃木希典夫妻が良く訪れた宿がある。


    [ 弁天温泉 ]


    大丸温泉と湯本温泉の間にある1軒宿。湯量も豊富。


    [ 北温泉]


    バス停から徒歩30分、マイカー駐車場からも5分歩く。木造3階建てのレトロな1軒宿。単純泉・弱食塩泉・鉄泉の3種類の源泉があり湯量も豊富で、プールのように大きな露天風呂がある。


    [ 高雄温泉]


    かつては廃業した旅館跡地に野湯が存在した。現在は別経営者による旅館が営業しており野湯は消滅している。


    [ 板室温泉 ]


    他の温泉と少し離れた那珂川沿いにある温泉、那須塩原市にある。1971年|昭和46年3月23日に国民保養温泉地に指定されている。



    周辺


    那須岳の斜面はツツジの名所。特に湯本温泉から大丸温泉の間(弁天温泉周辺)は、初夏には一面真っ赤に染まるほどに咲き誇る。ツツジの群落の中に遊歩道があり、歩きながらゆっくり花を堪能できる。北温泉のから30分ほど旭岳側へ登った登山道沿いには白い花の咲くヤシオツツジの群落がある。ツツジと言えば普通樹高2〜3mの灌木だが、ここのヤシオツツジは幹の直径10cm以上樹高5m以上の大木が多い。「これはツツジだよ」と教えられても一瞬信じられない大きさである。



    外部リンク



  • 那須温泉旅館協同組合






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月08日

    温泉[鬼怒川温泉]

    全国有名温泉ガイド鬼怒川温泉



    鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)は、栃木県塩谷郡藤原町 (栃木県)|藤原町(旧国下野)にある温泉。



    アクセス



  • 鉄道:東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅または鬼怒川公園駅すぐ。


  • 車:日光宇都宮道路今市インターチェンジ|今市ICより約30分。



    泉質



  • アルカリ性単純泉


  • 単純泉

    火傷に対する効能があるとされ、北側の川治温泉とともに「傷は川治、火傷は滝(現在の鬼怒川温泉)」と称された。



    温泉街


    鬼怒川温泉駅の南側から、鬼怒川公園駅までの間、鬼怒川沿いの両岸、滝地区と藤原地区に数多くの大型ホテル、旅館の建物が連なる。歓楽街温泉としても栄えた場所であり、それに伴う飲み屋なども数多く存在していたらしいが、現状(2005年5月現在)、実際に営業している店舗は多くない。

    鬼怒川温泉駅前は旅館業者が兼営するみやげ物店、食堂、売店が散在する。温泉街の外れには、索道|ロープウェイが存在する。ロープウェイの山頂側の駅近くに温泉神社が存在する。立ち寄り風呂としては、鬼怒川公園内に町営の鬼怒川公園岩風呂(入浴料:大人500円)がある。また、ほとんどのホテル・旅館で入浴のみの利用も可能となっている。同じ東京近郊立地の温泉地である箱根温泉に比べると、アクセスがやや不利で大手開発業者も入らなかったことから、いわゆるバブル経済|バブル崩壊後温泉街全体が経営的に苦しくなっている中、栃木県の地場銀行である足利銀行の経営破綻の影響で大多数の旅館で資金繰りが悪化している。産業再生機構の支援対象となっている旅館業者は2005年4月末までで5社(同じ日光国立公園内では他に3社)あるほか、ここ2年間で廃業したものも2社(館)ある。



    歴史


    古くは滝温泉という名前で、鬼怒川の西岸にのみ温泉があった。発見は1752年とされる。日光の寺社領であったことから、日光詣帰りの諸大名や僧侶達のみが利用可能な温泉であった。明治時代になって、滝温泉が一般にも開放されるとともに、明治2年には東岸にも藤原温泉が発見される。その後、上流に水力発電|水力発電所が出来て鬼怒川の水位が下がるとともに、川底から新源泉が次々と発見され、次第に温泉として発展していった。1927年(昭和2年)に、滝温泉と藤原温泉を合わせて鬼怒川温泉と呼ぶようになり、その名称は今日までいたっている。戦後は東武鉄道のスペーシア#きぬ|特急「きぬ」の運転などもあり、東京から多くの観光客が押し寄せ、大型温泉地として、また歓楽街温泉地としての発展を見せた。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク



  • 鬼怒川・川治温泉観光協会








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月07日

    温泉[俵山温泉]

    全国有名温泉ガイド俵山温泉



    俵山温泉(たわらやまおんせん)は、山口県長門市(旧国長門国)にある温泉。療養向けの温泉で、とりわけリウマチに効く名湯として名高い。



    アクセス



  • 鉄道:美祢線長門湯本駅下車、バスで80分。または山陽本線小月駅下車、バスで70分。



    泉質



  • アルカリ性単純泉。

    pH9.8とアルカリ度がかなり高い。



    温泉街


    行楽、旅行客向けの長門湯本温泉とは異なり、ひっそりとした山間部に旅館街が見られる。軒数は約40軒と多いが、ほとんどは長期療養客を対象とした個人向けの自炊宿で、入湯は公衆浴場(町の湯・川の湯)を利用する。内湯をもたず温泉は外湯に通う、という古くからの湯治#湯治場|湯治場のスタイルが今日まで続いている数少ない温泉地であり、規模の大きな温泉地に限ればここ俵山に限られていると言ってもよい。一方、今日ではファミリー向けの温泉施設(白猿の湯)も設けられている。



    歴史


    古くから湯治#湯治場|湯治場として知られ、1100年の歴史を持つ。伝承によると、薬師如来が化けた白猿が発見したといわれる。1955年|昭和30年7月4日 - 厚生労働省|厚生省告示第217号により、国民保養温泉地に指定。また国民保養温泉地|国民保健温泉地の指定も受けている。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク



  • 俵山温泉合名会社






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月06日

    温泉[長島温泉]

    全国有名温泉ガイド長島温泉



    長島温泉(ながしまおんせん)は三重県桑名市長島町(旧国伊勢国)にある温泉施設である。(2004年12月6日までは桑名郡長島町 (三重県)|長島町。)隣接する遊園地である長島スパーランド|ナガシマスパーランドとともに人気のある温泉である。別名「グランスパー・長島温泉」ともいわれていたこともある。木曽川と長良川で形成される輪中の最も下流にある。人工の景観作りとしては、ディズニーランドと同様の作り方をされている。名古屋の日帰り温浴施設としても機能する。三重県に所在するが愛知県および岐阜県の県境が近いため、他県からの利用も多い。



    アクセス



  • 近畿日本鉄道|近鉄桑名駅よりバス20分、名古屋駅より直通バス45分


  • 伊勢湾岸自動車道湾岸長島インターチェンジ|湾岸長島IC


  • 国道23号



    泉質


    アルカリ性単純泉



    温泉街


    長島観光開発株式会社の経営する、ナガシマスパーランド、ホテル花水木などの施設が固まってある。温浴施設、遊園地、宿泊施設など、一大レジャーランドを構成している。



    歴史


    1963年に天然ガス探査中に湧出した。湧出量は1日1万トンで温度は60℃である。



    関連項目



  • 温泉街


  • 日本の温泉地一覧





    外部リンク
    *長島温泉








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月05日

    温泉[四万温泉]

    全国有名温泉ガイド四万温泉



    四万温泉(しまおんせん)は、群馬県吾妻郡中之条町(旧国上野国)にある温泉。上毛かるたでは世のちり洗う四万温泉と詠われている。



    アクセス



  • 車 : 関越自動車道渋川伊香保インターチェンジ|渋川伊香保ICより約60分。


  • バス (交通機関)|バス : 東京駅より直通バス(四万温泉号)



    泉質



  • 硫酸塩泉



    温泉街






    四万川沿いに温泉街が広がる。温泉街は4つの地区に分かれる。それぞれ日向見、新湯、山口、温泉口地区である。日向見地区は四万温泉の発祥の地である。特に日向見温泉(ひなたみおんせん)と呼ばれる場合もある。登録文化財にも指定されている旅館積善館の浴場、元禄の湯が有名である。寸志で入浴可能な共同浴場、露天風呂が4軒存在する。河原の湯、御夢想の湯、上の湯、山口露天風呂である。飲泉場も3箇所存在する。温泉街の名物の食べ物として、温泉街の電器屋で作られる温泉納豆がある。



    歴史


    開湯伝説は2つ存在する。

    ・源頼光の家臣碓井貞光による発見説。永延年間の発見と言われる。碓井貞光は日向守であったことから、四万温泉の開湯地を特に日向見温泉という。温泉名は、夢で「四万の病を治す霊泉」と教えられたことに因んで「四万温泉」となった。

    ・坂上田村麻呂による発見説。延暦年間の発見と言われる。蝦夷征伐の際にこの地に立ち寄り、その際に温泉を発見したと言われる。1563年にはじめて宿が出来て、徐々に温泉街が形成されていった。1954年、酸ヶ湯|酸ヶ湯温泉、日光湯元温泉とともに国民保養温泉地第一号に指定された。2004年に発生した温泉偽装問題では、温泉を利用していない民宿が2軒あったと報じられた。但し、意図的な偽装ではなく情報の開示が不十分であったとする意見もある。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧


  • ファイト (朝ドラ) - 四万温泉が舞台となる



    外部リンク



  • 四万温泉協会






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月03日

    温泉[作並温泉]

    全国有名温泉ガイド作並温泉



    作並温泉(さくなみおんせん)は、宮城県仙台市青葉区 (仙台市)|青葉区(旧国陸奥国、明治以降は陸前国)にある温泉。



    アクセス


    仙台駅?北四番丁駅・愛子駅・作並駅から仙台市営バス「作並温泉」行きが国道48号旧道経由で運行されている。



    泉質



  • 単純温泉


  • 含食塩芒硝泉



    温泉街


    国道48号沿いに旅館が点在している。日帰り入浴施設は存在せず、旅館の日帰り受付を利用することになる。旅館組合が作成した温泉街散策ガイドである「作並温泉ぽかぽか湯めぐり歩き」には、温泉街周辺の名所を巡るコースが記載されている。また、ガイドに協力している旅館のスタンプを集めることで、一軒無料で日帰り入浴を楽しむことができる。



    歴史


    行基による発見とされる。2004年に発生した温泉偽装問題では、温泉利用許可を受けていない旅館や、源泉の無断開発を行った旅館があったとして一連の騒動の中報道された。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク



  • 仙台観光コンベンション協会






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。