2005年08月22日

温泉[別所温泉]

全国有名温泉ガイド別所温泉



別所温泉(べっしょおんせん)は、長野県上田市にある温泉。





アクセス



  • 鉄道:長野新幹線上田駅にて、上田交通別所線に乗り換え、終点別所温泉駅下車。





    泉質



  • 単純硫黄泉


    [効能]


    ※ 効能は万人に対してその効果を保障するものではない。一般適応症、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病など。



    温泉街


    共同浴場を中心に栄え、現在も3つの共同浴場「大湯」、「大師湯」、「石湯」が存在する。江戸時代には更に「長命湯(玄斉湯)」、「久我湯」が有ったが現存はしない。





    歴史


    その歴史は古く、伝説では景行天皇の時代、日本武尊の東征の折りに発見されたといわれている。平安時代には源義仲(木曽義仲)がつかったとも言われている。戦国時代 (日本)|戦国時代には信濃御湯として、秋保温泉|名取御湯、(いわき湯本温泉|三函御湯、または野沢温泉|犬養御湯)とともに三御湯と呼ばれた。





    その他


    映画「男はつらいよ寅次郎純情詩集」、「彼のオートバイ、彼女の島」のロケ地。





    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧


  • 岳の幟



    外部リンク



  • 別所温泉観光協会 - 公式サイト -








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月17日

    温泉[湯の川温泉]

    全国有名温泉ガイド湯の川温泉



    湯の川温泉とは、

    ・北海道函館市にある温泉→湯の川温泉 (北海道)。

    ・青森県むつ市川内町にある温泉→湯野川温泉。

    ・島根県斐川町にある温泉→湯の川温泉 (島根県)。








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



    posted by 温泉情報屋 at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月15日

    温泉[皆生温泉]

    全国有名温泉ガイド皆生温泉



    皆生温泉(かいけおんせん)は、鳥取県米子市(旧国伯耆国)にある温泉。収容人員は山陰最大といわれ、山陰の熱海温泉|熱海の異名を持つ。



    アクセス



  • JR山陰本線米子駅から5km、日本交通 (鳥取)|日交バス・日ノ丸自動車|日ノ丸バスで19分(280円)、タクシーで15分。バスの便も多い。


  • 美保飛行場|米子空港からタクシーで20分。


  • 米子自動車道・山陰自動車道米子インターチェンジから6km、約10分。;高速バス


  • フライングフィッシュ(中国バス)

    福山平成大学|平成大学・千田入口・福山駅|福山駅前・入船町・千間土手東・広尾〜皆生観光センター・米子駅・松江駅・松江しんじ湖温泉駅

    ・空港リムジンバス


  • 日ノ丸自動車(日ノ丸バス)

    美保飛行場|米子空港→皆生観光センター・日ノ出町・高島屋前・市役所前・東町・米子駅・米子全日本空輸|全日空ホテル(米子空港発のみ運行)

    ・一般路線バス

    :アルファベット+数字はバスの行先番号。


  • 日本交通 (鳥取)(日交バス)・日ノ丸自動車(日ノ丸バス)2社共同運行

    米子駅〜東町〜市役所前〜高島屋前(←のみ)〜公会堂前(→のみ)〜日ノ出町〜天満屋前〜上福原〜皆生観光センター〜労災病院〜ジャスコ前〜ジャスコ(日吉津店)


  • 日ノ丸自動車(日ノ丸バス)

    米子駅〜東町〜市役所前〜高島屋前(←のみ)〜公会堂前(→のみ)〜日ノ出町〜天満屋前〜上福原〜皆生観光センター〜新開〜堀川三福中橋



    泉質


    弱食塩泉



    温泉街


    米子市街の北東部、白砂の美しい弓ヶ浜沿いにある。夏季には海水浴場となる弓ヶ浜は、美保湾越しに大山がよく見えて湯上りの散策に丁度良い。浜の内側には大きな温泉旅館やホテルが浜に沿って一直線に立ち並ぶ。旅館街の裏側には、飲み屋・飲食店・風俗営業の店が集まり、夜にはネオン街となる。



    歴史


    温泉の歴史はさほど古くはなく、1890年代|明治23年に地元の一漁師が海中に温泉が湧いているのを発見し、それを泡の湯と名付けた。大正時代に入り、地元の土地会社が目を付け、温泉地として開発した。戦後は団体客が多く訪れるようになり、今日に見られるような温泉街に発達する。一方で歓楽温泉から健康的な温泉へイメージ変化を図っており、1978年|昭和53年には弓ヶ浜に海水浴場を整備、1981年|昭和56年日本で最初のトライアスロン競技が開催され、その発祥の地として毎年大会を開催している。その他スキー、キャンプ、登山、釣りなどの拠点としての開発も行っており、その他イベントの開催や郷土文化の伝承、来訪者の手形を嵌め込んだ海岸遊歩道の整備など様々な試みが行われている。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク



  • 皆生温泉旅館組合








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月14日

    温泉[平湯温泉]

    全国有名温泉ガイド平湯温泉



    平湯温泉(ひらゆおんせん)は、岐阜県高山市(旧国飛騨国)奥飛騨温泉郷にある温泉。



    アクセス



  • 鉄道:高山本線高山駅より濃飛バスで約55分。または篠ノ井線松本駅よりアルピコハイランドバスの特急バスで約90分。



    泉質



  • 炭酸水素塩泉


  • 塩化物泉

    約40の源泉、毎分約13,000Lの湧出量を誇る。



    温泉街


    奥飛騨温泉郷で最も大きな温泉街である。安房峠道路|安房トンネル出口、平湯インターチェンジ付近の平湯バスターミナルより、国道158号安房峠方面に温泉街が広がる。バスターミナルにも日帰り入浴施設を備える。共同浴場は4軒存在する。神の湯という、平湯温泉発祥の露天風呂が存在する。周辺には平湯温泉スキー場がある。



    歴史


    開湯は戦国時代 (日本)|戦国時代といわれる。山県昌景軍が飛騨攻めの最中、峠超えの疲労と硫黄岳の毒ガスにより疲弊していたところを、白猿によって教えられた温泉につかって疲労を回復した、という開湯伝説が残る。1964年|昭和39年6月11日、国民保養温泉地に指定。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク



  • 平湯温泉旅館協同組合








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月13日

    温泉[那須温泉]

    全国有名温泉ガイド那須温泉








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



    posted by 温泉情報屋 at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月12日

    温泉[日帰り温泉 ]

    全国有名温泉ガイド日帰り温泉






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL


    posted by 温泉情報屋 at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月11日

    温泉[赤倉温泉]

    全国有名温泉ガイド赤倉温泉



    赤倉温泉とは、

    ・山形県最上郡最上町にある温泉→赤倉温泉 (山形県)

    ・新潟県妙高市にある温泉→赤倉温泉 (新潟県)





    Wikipediaより引用


    posted by 温泉情報屋 at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月10日

    温泉[玉造温泉]

    全国有名温泉ガイド玉造温泉



    玉造温泉(たまつくりおんせん)は、島根県松江市玉湯町玉造(旧出雲国)にある温泉。三名泉(「枕草子」)とされ、規模、歴史ともに県下随一、城崎温泉や皆生温泉や三朝温泉らと共に山陰を代表する温泉地である。



    アクセス



  • 鉄道:JR山陰本線玉造温泉駅下車



    泉質



  • 硫酸塩-塩化物泉



    温泉街


    玉湯川沿いに旅館などが立ち並ぶ。松江、出雲などの観光地にも近く、観光拠点として重宝されるが、基本的に料金設定は高く、数寄屋造りの高級和風旅館が多く並ぶ。歓楽色は一切なく、歴史を重んじた落ち着いた風格を見せる。その他、川沿いに足湯、日帰り温浴施設、温泉を兼ねた多目的ホール「玉造温泉ゆ〜ゆ」が存在する。会議室やコンベンションホールも併設した複合施設である。玉造温泉ゆ〜ゆ前では、朝市も行われる。有名な宍道湖七珍を始め、冬場はカニなどが食卓に上る。温泉街の入り口あたりの遥か上方を、山陰自動車道が通過している。



    歴史


    奈良時代開湯といわれる古湯で、出雲国風土記抄にも記載があり、神の湯として知られた。玉造という名の由来は、三種の神器の一つ、八坂瓊の勾玉が、櫛明玉命によってこの地で造られたことに由来するという。玉作湯作神社にはその櫛明玉命を祀っており、多数の勾玉や管玉が社宝として保管されている。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク



  • 玉造温泉旅館協同組合





    Wikipediaより引用


  • posted by 温泉情報屋 at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月09日

    温泉[混浴温泉]

    全国有名温泉ガイド混浴温泉





    Wikipediaより引用


    posted by 温泉情報屋 at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月08日

    温泉[川湯温泉]

    全国有名温泉ガイド川湯温泉



    川湯温泉(かわゆおんせん)は、

    ・北海道川上郡弟子屈町にある温泉 - 川湯温泉 (北海道)

    ・和歌山県東牟婁郡本宮町にある温泉 - 川湯温泉 (和歌山県)





    Wikipediaより引用


    posted by 温泉情報屋 at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月07日

    温泉[石和温泉]

    全国有名温泉ガイド石和温泉



    石和温泉(いさわおんせん)は、山梨県笛吹市(旧国甲斐国)にある温泉。東日本有数の歓楽温泉として知られるが、その脱却も図っている。



    アクセス



  • 鉄道:中央本線石和温泉駅下車



    泉質



  • 単純温泉



    温泉街


    温泉街の規模は熱海温泉|熱海に次ぐともいわれ、宿泊施設は大小合わせて120軒を超える。団体客向けの大型ホテルから、レジャー要素の強いスパリゾートホテル、家族向けの小旅館、情緒溢れた純和風の高級旅館など様々。また、温泉病院も多く、保養、療養温泉としての一面も持っている。



    歴史


    歴史は新しく、1961年|昭和36年に果樹園の中から突如として温泉が湧出。湯量が多く、また東京から1時間半と首都圏とのアクセスが良かったために奥座敷として発展。とりわけ団体客向けの歓楽温泉として知られ、大規模な風俗街も作られた。今日ではニーズの多様化に伴い、その脱却も図っており、近年は純和風の高級旅館やファミリー向けの家族風呂など多種多様である。その他、笛吹川の鵜飼いや八幡神社の太鼓演奏など歴史、文化の強調したイベントを開催。また特産物の果樹とも結びつけて、ワイナリーが至る所に点在する。2004年に発生した温泉偽装問題では、水道水を使用していたにも関わらず温泉利用を謳っていたホテルがあると報じられた。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク



  • 石和温泉旅館組合





    Wikipediaより引用


  • posted by 温泉情報屋 at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月06日

    温泉[伊香保温泉]

    全国有名温泉ガイド伊香保温泉



    伊香保温泉(いかほおんせん)は、群馬県北群馬郡伊香保町(旧国上野国)にある温泉。草津温泉と並んで県を代表する名湯で、上毛かるたでは「伊香保温泉日本の名湯」と歌われた。





    アクセス



  • 鉄道:上越線渋川駅よりバスで約20分。


  • マイカー:渋川伊香保インターチェンジより約20分。



    泉質



  • 硫酸塩泉:黄金の湯


  • メタけい酸単純泉:白銀の湯





    温泉街


    石段街の両側に温泉旅館、みやげ物屋、飲食店などが軒を連ねている。石段は温泉街のシンボルである。石段の下には黄金の湯の源泉が流れ、小間口と呼ばれる引湯口から各旅館に分湯されている。石段の上には温泉神社が存在する。石段上の源泉近くに「伊香保露天風呂」が、石段の途中には共同浴場「石段の湯」が存在する。また温泉街の近くには日帰り温泉施設「金太夫ベルツの湯」が存在する。温泉街と近くの物聞山にある上ノ山公園を結ぶ索道|ロープウェイが存在する。温泉街の周辺には榛名山や、水沢うどんで有名な水沢観音などが存在する。



    歴史


    発見は1900年前とも1300年前とも言われている。万葉集にもその名が登場している。現在の温泉街が形成されたのは戦国時代 (日本)|戦国時代である。長篠の合戦で負傷した武田兵の療養場所として整備された。石段もこのときにできた。明治時代以降は竹久夢二、徳富蘆花、夏目漱石、萩原朔太郎、野口雨情など文人が多く訪れた。また、御用邸、ハワイ王国大使別邸なども作られた。戦後は歓楽街温泉としても栄えた。芸奴組合が現在も存在している。2004年の温泉偽装問題では、水道水を使用しているにもかかわらず温泉表示を行っていた温泉があったと報道され、注目を集めた。これは、戦後の旅館数増加に対して、開湯以来の黄金の湯の源泉は、小間口権利者ならびに権利者から購入した旅館のみの利用に限られ、源泉が不足していたことによる。不足を補うために、1996年に白銀の湯が開発されたが、すべての旅館では使われなかった。茶色の温泉饅頭の発祥の地とも言われ、明治43年から売り出されている。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧





    外部リンク



  • 伊香保温泉旅館協同組合





    Wikipediaより引用


  • posted by 温泉情報屋 at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月05日

    温泉[渋温泉]

    全国有名温泉ガイド渋温泉



    渋温泉(しぶおんせん)は、長野県下高井郡山ノ内町(旧国信濃国)にある温泉。一帯は「湯田中渋温泉郷」と呼ばれる温泉郷である。





    アクセス



  • 鉄道:長野電鉄長野線湯田中駅よりバスで約5分。





    泉質



  • 単純泉


  • 塩化物泉





    温泉街


    夜間瀬川支流の横湯川沿いに温泉街が広がる。石畳の道と木造建築の旅館の町並みが温泉街を象徴する光景である。温泉街の石畳が有名な温泉地は、他にも湯平温泉などが存在する。共同浴場は9軒存在するが、いずれも宿泊客および地元の方専用であり、どの浴場にも鍵がかけられている。宿泊客以外の人でも入浴可能な日帰り入浴施設、「信玄竈風呂」が1軒存在する。温泉寺の側に存在し、共同浴場では提供されていない蒸し風呂を楽しむことができる。また足湯も存在する。共同浴場の外湯巡りが有名である。「巡浴手拭い」という手ぬぐいと浴場の鍵を持ち歩きながら湯巡りをする。各浴場においてあるスタンプを押していき、全ての浴場のスタンプが押せたらその手ぬぐいを高薬師に奉納すると、願い事が叶うといわれている。



    歴史


    開湯伝説によれば、1300年前に行基が発見したとされる。江戸時代には、佐久間象山、小林一茶、葛飾北斎などの文人がこの地を訪れた。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク



  • 渋温泉旅館組合





    Wikipediaより引用


  • posted by 温泉情報屋 at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月04日

    温泉[西浦温泉]

    全国有名温泉ガイド西浦温泉



    西浦温泉(にしうらおんせん)は、愛知県蒲郡市(旧国三河国)にある温泉。



    アクセス



  • 鉄道:東海道本線蒲郡駅からバス、または名鉄蒲郡線西浦駅下車、徒歩20分またはバス。



    泉質



  • 単純緑礬泉(温度が低いために浴用加熱)



    温泉街


    三河湾から突出した西浦半島一帯に湧出し、各旅館からの眺望に優れる。典型的な行楽温泉(ただし、歓楽的要素は薄い)であることから、東海の熱海温泉|熱海の異名を持つ。西浦半島の中心部、特に眺望の優れた高台や海岸に中〜大規模な観光ホテルが林立。温泉街へのアクセスは悪くなく、また宿泊価格のお手頃感から、団体旅行やレジャー等の観光拠点として重宝されている。



    歴史


    西浦半島一帯は古くは万葉の地として歌垣にも選ばれており、万葉の小径などが観光資源として一役買っているが、温泉の歴史は新しく1953年の開湯。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク


    西浦温泉旅館観光組合





    Wikipediaより引用


  • posted by 温泉情報屋 at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月03日

    温泉[湯布院温泉]

    全国有名温泉ガイド湯布院温泉





    Wikipediaより引用


    posted by 温泉情報屋 at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月02日

    温泉[湯布院温泉]

    全国有名温泉ガイド湯布院温泉





    Wikipediaより引用


    posted by 温泉情報屋 at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年08月01日

    温泉[川湯温泉]

    全国有名温泉ガイド川湯温泉



    川湯温泉(かわゆおんせん)は、

    ・北海道川上郡弟子屈町にある温泉 - 川湯温泉 (北海道)

    ・和歌山県東牟婁郡本宮町にある温泉 - 川湯温泉 (和歌山県)





    Wikipediaより引用


    posted by 温泉情報屋 at 03:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。