2005年10月31日

温泉[赤沢温泉]

全国有名温泉ガイド赤沢温泉



赤沢温泉(あかざわおんせん)は、静岡県伊東市(旧国伊豆国)にある温泉。





アクセス



  • 鉄道:伊豆急行線伊豆高原駅下車





    泉質



  • 単純泉


  • 硫酸塩泉





    温泉街


    ホテルと日帰り入浴施設がある。また海沿いに露天風呂がある。





    歴史


    近年、DHCによる温泉リゾート開発が行われている。





    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月30日

    温泉[下呂温泉]

    全国有名温泉ガイド下呂温泉



    下呂温泉(げろおんせん)は、岐阜県下呂市にある温泉。林羅山が三名泉に数えたことは有名(ただし、下呂ではなく湯島と表記)。





    アクセス



  • 鉄道:高山本線下呂駅すぐ





    泉質



  • 単純泉





    温泉街


    飛騨川の両岸に大型ホテルや旅館が並ぶ。飛騨川(現地では益田川ましたがわとも呼ぶ)の河川敷に「噴泉池」がある。他にも共同浴場の「白鷺の湯」「幸の湯」や、日帰り入浴施設「クアガーデン」が存在する。駅の近くには温泉スタンドもあり、また温泉街の各所には足湯も存在する。



    歴史


    延喜年間から天暦年間の頃に、現在の温泉地から離れた場所である、湯が峰の山頂付近に温泉が湧出したのがはじまりである。1265年に山頂からの湧出は止まったが、現在の温泉地である飛騨川の河原に湧出しているところを発見された。このことは白鷺伝説として伝わる。温泉地は飛騨川の氾濫の度に壊滅的な被害を受けてきたが、その度に復興してきた。また、「下呂」の名前は昭和以降に使われだした名前で、それ以前は「湯之島」と呼ばれていた。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧、日本三大一覧#.E6.B8.A9.E6.B3.89 |日本三大温泉





    外部リンク



  • 下呂温泉旅館協同組合


  • 下呂温泉私設案内板








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月29日

    温泉[湯田温泉]

    全国有名温泉ガイド湯田温泉



    湯田温泉とは、#岩手県の湯田温泉峡のこと。リンク先参照せよ。

    ・岩手県の金田一温泉の旧称。リンク先参照せよ。

    ・鹿児島県の宮之城温泉の旧称。リンク先参照せよ。

    ・山口県にある温泉。以下本稿で述べる。----

    湯田温泉(ゆだおんせん)は、山口県山口市(旧国長門国)にある温泉。



    アクセス



  • 鉄道:山口線湯田温泉駅下車徒歩10分。



    泉質



  • アルカリ性単純泉



    温泉街


    内の足湯

    山口市の南西部に、大型ホテルや旅館、ビジネスホテルなどが存在する。山口市の繁華街でもあり、飲食店なども数多い。鳥取温泉などと並び、県庁所在地に湧出する温泉である。ビルやホテルが林立しているので、温泉街特有の情緒は味わえない。足湯に力をいれており、温泉街には5つ存在する。共同浴場はないが、日帰り入浴施設が4つ存在する。共同浴場が無いことに対しては、温泉街の魅力向上策を検討している地元団体、「湯田温泉まちづくり協議会」が山口市に要望を出している。



    歴史


    開湯は約600年前といわれる。白狐が毎夜温泉に浸かっていたところを発見したとされる。田んぼの真ん中から源泉が湧出したことが、「湯田」の名前の由来である。江戸時代末期には、尊王攘夷派の藩士や公家がこの地に滞在していた。中原中也出身地で、生家が存在する。種田山頭火が訪れたこともある。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク



  • 湯田温泉旅館協同組合








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月28日

    温泉[湯の川温泉]

    全国有名温泉ガイド湯の川温泉



    湯の川温泉とは、

    ・北海道函館市にある温泉→湯の川温泉 (北海道)。

    ・青森県むつ市川内町にある温泉→湯野川温泉。

    ・島根県斐川町にある温泉→湯の川温泉 (島根県)。








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



    posted by 温泉情報屋 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月27日

    温泉[黒川温泉]

    全国有名温泉ガイド黒川温泉



    黒川温泉(くろかわおんせん)は、熊本県阿蘇郡南小国町(旧国肥後国)にある温泉。阿蘇山の北に位置する。近年、一躍脚光を浴びマスメディアなどでの温泉ランキングで日本一に選ばれたりするようになった、南小国温泉郷の一つで、広義では阿蘇温泉郷に含む場合もある。



    アクセス


    公共交通の便は悪く、熊本市、別府市などからの長距離バスまたは自家用車を利用することになる。やまなみハイウェイにも近い場所にある。





    泉質



  • 硫黄泉 - 温泉街の比較的浅い(20メートルとも)地層から80度 - 98度の源泉が湧いている。



    温泉街


    温泉街にありがちな歓楽的要素や派手な看板を廃し、全体に統一的な町並みを形成するなど、意欲的なマーケティングを行っている。有名になったのは、2000年以降である。基本的に全旅館に露天風呂があり、旅行者は「入湯手形」を購入することにより、ほぼすべての旅館にある露天風呂のうち3カ所を選択的に入浴することができる仕組みになっている。リピーターが多く、予約を取ることが難しいと言われているが「黒川温泉旅館組合」0967-44-0076で、旅館の満空情報や紹介を受けることができる。なお、2003年5月時点では、夏の行楽シーズンに向けて改築工事を行っている旅館が多く、温泉街の中心を流れる川に仮設橋が架けられているなど、若干、趣が失われている面も感じられた。



    歴史





    [ 伝承 ]


    温泉としての歴史は古く、以下の伝説がある。ある日、豊後国の甚吉という男は、瓜を盗んだことで首を刎ねられそうになったが、それを免れた。代わりに身代わりに信仰していた地蔵の首が刎ねられてしまう。そこで、村人はそれを甚吉地蔵として崇拝するようになった。ところが細川藩士の中にこの地蔵を持ち去ろうとした男がいた。だが、ある場所に辿り着くや、突如として地蔵が重くなり動かなくなる。男は諦め、地蔵をその場に放置すると、村人は岩場に奉祀することにした。すると、その岩の裂け目から湯が噴き出、村人の浴場となったという。このいで湯こそ黒川温泉の発祥であり、今も地蔵湯と地蔵の首が残っている。


    [ 黎明期 ]


    さて、黒川温泉は口コミやネットで広がり、様々なメディア媒体を通して、今でこそ最も人気のある温泉地の一つまでに成長したが、昔は寂れに寂れ、温泉街の存続さえ危ぶまれていた閑古鳥の啼く温泉地であった。再興の契機となったのは、国民保養温泉地※の指定とやまなみハイウェイの開通であり、交通アクセスの改善によって一時は盛り上がりを見せたが、客を引き留める魅力に薄れ、再び客足が遠のいてしまう。そこで客を引き留め、リピーターを確保できる、黒川温泉のセールスポイントは何かを摸索した結果、候補として挙がったのが露天風呂と田舎情緒であった。また、単独の旅館が栄えても温泉街の発展にはつながらないと考え、温泉街一体での再興策も練られるようになった。その他、様々な案が浮かび上がっては消え、試行錯誤の連続であったが、1983年から入湯手形による各旅館の露天風呂巡りが実施される。もっとも、この企画も大々的なPRを行わず、後は口コミによる観光客増加を待つのみであった。また、この�
    :"$O=$3XN99T@8$bIQHK$Ke$2$h$&$H$7$?$N$b!"8y$rAU$7$?$H$$$($k!#"(>

    [ 余談 ]


    今日における黒川温泉の爆発的ヒットの一大要因としてインターネットが挙げられる。というのも、テレビや雑誌などで頻繁に採り上げられる数年前には、もう一部の温泉ファンの間で「熊本の黒川温泉が一押し」と叫ばれて、掲示板のアンケートでは常に上位を占め、知る人には知る名湯となっていたからである。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク



  • 黒川温泉ホームページ 








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月26日

    温泉[湯布院温泉]

    全国有名温泉ガイド湯布院温泉



    由布院温泉(ゆふいんおんせん)は大分県湯布院町にある温泉。すぐそばに聳える由布岳(火山:標高1584m)の恵みを受けた豊富な湯量を誇る。昭和40年代から町ぐるみで毎年夏に映画祭や音楽祭を開催し、歓楽色を排して女性が訪れたくなるような環境整備を続けてきた。



    アクセス


    JR久大本線由布院駅下車



    泉質



  • 単純泉

    温泉湧出量は全国3位を誇り、毎分38,600Lある。源泉の数は852本存在し、これは別府温泉に次いで全国第2位である。





    温泉街


    山間の盆地にあり、霧が発生することがある。ネオンサインの煌く歓楽街は無い。駅から金鱗湖(きんりんこ)に続く湯の壺街道(ゆのつぼかいどう)には、しゃれた雑貨屋やレストランが並び、周辺には各種の美術館が点在する。各宿泊施設はにぎやかな町並みから外れた周辺の川端や林の間、丘の上などに点在している。



    歴史


    古くは別府十湯の一つであったが、大正時代の行政区画の変化により、別府十湯から外れた。同時に塚原温泉もはずれ、現在の別府八湯の形となった。町の名前は「湯布院」温泉と駅の名前は「由布院」駅など書き分けられている。本来の温泉名は「由布院温泉」である。昭和30年に湯平村と由布院町が合併してた際に町名を「湯布院町」としてから、温泉名に「湯布院温泉」と書かれることが多くなった。昭和34年5月4日に、湯平温泉とともに国民保養温泉地に指定。その際の指定の名称が、湯布院町の温泉の意味から「湯布院温泉」であったことが、「湯布院温泉」の表記浸透を加速させることになった。また、雑誌などの特集で「湯布院温泉」が取り上げられる際は由布院温泉のみを取り上げることが多い。2004年に発生した温泉偽装問題では、源泉利用許可�
    $r


    その他



  • 芸術の香り高い温泉の雰囲気が強いため、各宿の施設も高級で宿泊料も高め。


  • 豊富な湯量のおかげでリーズナブルな値段で入浴できる共同浴場も多い。金鱗湖脇には一般客も入浴できるシックな下ん湯(したんゆ)がある。その他に土地の人だけが利用できる共同浴場が各所にある。


  • 平成16年現在、九州の人気温泉ナンバーワンの座を黒川温泉と張り合っている。連休には多くの人が訪れ、湯の壺街道には人があふれる。





    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧


  • 由布 (列車)





    外部リンク



  • 由布院温泉観光協会








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月25日

    温泉[有馬温泉]

    全国有名温泉ガイド有馬温泉



    有馬温泉(ありまおんせん)は、神戸市北区 (神戸市)|北区(摂津国有馬郡)にある温泉。日本三大古湯の一つであり、林羅山の日本三名泉、また枕草子の三名泉にも数えられる、全国有数の名湯。瀬戸内海国立公園の区域に隣接する。



    アクセス


    有馬温泉は阪神間の裏山に当る六甲山の北側にあるので、南側より訪問するには山を迂回するか山を越える必要がある。


  • 神戸方面、西日本旅客鉄道|JR三田駅 (兵庫県)|三田方面から 神戸電鉄利用 有馬温泉駅下車すぐ。


  • 大阪梅田阪急三番街より阪急バスの特急バスを含め、休日には15往復ほどが走っている。


  • 芦屋、宝塚、三宮からバスの便あり。


  • 神戸市東部からケーブルカーとロープウェイを乗り継ぐ六甲山越え観光ルートも楽しい。 

    山越えルートは乗り物利用の他にも 六甲山中に網目状にある『登山道』をたどる脚力頼みのルートもあり、いずれも根強い人気がある。登山道には、交通機関が発達する前に 御影から有馬温泉に新鮮な魚介を運ぶ魚屋が利用したと言われる『魚屋道』(ととやみち)などがある。車の場合、中国自動車道西宮北インターチェンジまたは、阪神高速阪神高速道路7号北神戸線|北神戸線有馬口出入口よりすぐ。



    泉質


    地質的には活断層の有馬高槻構造線の西端にあり、地下深くまで岩盤が割れており、その割れ目を通って地下深くから温泉水が噴出している構造。

    泉質は、塩分と鉄分を多く含み褐色を呈する「金泉」(湧き出し口では透明だが空気に触れ着色する)と炭酸分を多く含む透明な「銀泉」の2種類がある。炭酸泉は同じ構造線上にある近所の宝塚温泉と同成分であり、類似性が指摘される。*金泉:含鉄ナトリウム、塩化物強塩高温泉


  • 銀泉:炭酸泉、ラジウム泉、単純二酸化炭素低温泉


  • 泉源― 天神泉源、 有明泉源、 炭酸泉源、 太閤泉(飲泉場)、 極楽泉源御所泉源、 妬(うわなり)泉源



    温泉街


    神戸市にありながら山深く、関西の奥座敷として知られているが、旅館の宿泊料金が比較的高い。温泉街はかなりの急斜面にあり、街中を通る道も細い。大きな旅館やホテルは温泉街の周辺や少し離れた山中にある。外湯は「金泉」「銀泉」おのおの1箇所ずつあり、観光客や下山客でにぎわっている。温泉寺の周辺に上記外湯2箇所と、特産品店や民家が密集しており、のんびり散策する客が多い。*外湯― 金の湯、 銀の湯、 太閤の湯(温泉テーマパーク)


  • 公園― 瑞宝寺公園、 鼓ヶ滝公園、 ゆけむり広場


  • 社寺― 有馬稲荷神社、温泉禅寺、温泉寺御祖師庵、湯泉神社、極楽寺、妙見寺、妙見寺、寶泉寺、善福寺、林渓寺、念仏寺


  • 博物館― 神戸市立太閤の湯殿館、 有馬の工房、 有馬玩具博物館



    名産品



  • 炭酸せんべい|炭酸煎餅


  • 炭酸饅頭


  • 有馬籠


  • 人形筆


  • 松茸昆布



    歴史


    有馬温泉の歴史は古く、昔から皇族・貴族・文化人らに愛されてきた。日本最古泉とも言われる。


  • 631年欽明天皇が約3ヶ月滞在したことが日本書紀に見られる。


  • 奈良時代には僧行基が温泉寺を建立。


  • 清少納言は枕草子で有馬温泉に言及している。


  • 豊臣秀吉は有馬を愛し何度も訪れ、更に温泉や周辺の改修を行い、今でも太閤○○と言う地名が残っている。


  • 江戸時代に作成された温泉番付では、西大関(当時最高位)にランクされていた。


  • 谷崎潤一郎も有馬を愛し長期滞在して執筆を行うと同時に、作品中にも有馬温泉を度々登場させている。



    有馬温泉に関連する有名な短歌




    ありま山 ゐなのささ原 風ふけば いでそよ人を わすれやはする

    *有馬山 猪名の笹原 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする

       大弐三位(紫式部と藤原宣孝の娘)

       後拾遺集恋三

       「猪名の笹原」は兵庫県伊丹市にある昆陽池あたり*しなが鳥 猪名野を来れば 有馬山 夕霧立ちぬ 宿(やどり)は無くて

       読み人知らず 万葉集巻七



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク



  • (社)有馬温泉観光協会








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月24日

    温泉[三朝温泉]

    全国有名温泉ガイド三朝温泉



    三朝温泉(みささおんせん)は、鳥取県三朝町(旧国伯耆国)にある温泉。





    アクセス



  • JR山陰本線倉吉駅より、日ノ丸自動車|日ノ丸バスで20〜25分。


  • 鳥取空港より、空港リムジンバス(日ノ丸バス)で1時間。;高速バス


  • 三朝温泉直行かにバス(シモデンツアーサービス)

    児島駅|JR児島駅・倉敷駅|倉敷駅前西ビル南側・岡山駅|岡山(林原駐車場)・岡山インターチェンジ|シモデン津高(岡山インター北)〜三朝ロイヤルホテル・大学病院前(岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター)・三朝温泉入口・三朝温泉・燕趙園


  • 原則として、毎年冬(今シーズンは2005年1月8日〜3月20日)のみの期間限定運行。3往復運行。


  • 燕趙園は岡山・倉敷・児島行き1本のみ乗り入れで、その他は三朝温泉発着。


  • 岡山インターチェンジ|岡山IC〜湯原インターチェンジ|湯原IC間は岡山自動車道・中国自動車道・米子自動車道経由。

    ・空港リムジンバス


  • 鳥取空港リムジンバス

    鳥取空港〜浜村中央・青谷・恐竜広場前・松崎駅 (鳥取県)|松崎駅前・倉吉駅・八ツ屋・三朝町役場前・大学病院前(岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター)・三朝温泉入口・三朝温泉(三朝商工センター)


  • 山陰自動車道は経由しない。

    ・一般路線バス


  • 日ノ丸自動車(日ノ丸バス)

    海田日ノ丸車庫〜倉吉駅〜八ツ屋〜竹田橋〜卸団地〜三朝町役場前〜大学病院前(岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター)〜三朝温泉入口〜三朝温泉(三朝商工センター)〜三朝車庫〜投入堂|三徳山

    海田日ノ丸車庫〜倉吉駅〜八ツ屋〜総合事務所前〜鳥取県立倉吉東高等学校|倉吉東高〜円谷〜三朝町役場前〜大学病院前(岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター)〜三朝温泉入口〜三朝温泉(三朝商工センター)〜三朝車庫

    生田車庫〜生田〜丸山〜西倉吉町〜西倉吉〜岡田〜河原町〜福吉町〜新町〜赤瓦・白壁土蔵〜堺町(さかえまち)〜円谷(えんだに)〜三朝町役場前〜大学病院前(岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター)〜三朝温泉入口〜三朝温泉(三朝商工センター)〜三朝車庫〜三徳山〜吉原

    生田車庫〜生田〜丸山〜西倉吉町〜西倉吉〜岡田〜河原町〜福吉町〜新町〜赤瓦・白壁土蔵〜堺町(さかえまち)〜倉吉パークスクエア北口〜厚生病院前〜総合事務所前〜竹田橋〜卸団地〜三朝町役場前〜大学病院前(岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター)〜三朝温泉入口〜三朝温泉(三朝商工センター)〜三朝車庫〜神倉(かんのくら)



    泉質


    ・含放射能/ナトリウム・塩化物泉

    ・含放射能/ナトリウム・塩化物・炭酸水素塩泉

    ・含放射能/単純泉

    ラドンが含まれているとされる。





    温泉街


    河原の温泉(24時間・無料)から、株湯(元湯)をはじめ、伝統的な温泉街が河川沿いに広がっている。歓楽色は一切ないが、観光拠点としての利用は多い。本格的な療養温泉でもあり、温泉医療のメッカとしても知られ、国立病院や大学病院、温泉研究所が至る所に見られる。またオンドルを持った長期滞在者向けの旅館や自炊宿も見られ、観光と療養という両極性がこの温泉の特徴である。



    歴史


    830年の歴史があるという歴史的な温泉で、源頼朝の家臣、大久保左馬之祐が源氏の再興を祈願し、三徳山三仏寺に赴いた折に命を救った白狼が夢枕に立って、楠の老木から湯が湧き出ていることを教えたといわれる。この湯が元湯の株湯である。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧





    外部リンク



  • 三朝町


  • 三朝温泉旅館協同組合






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月22日

    温泉[黒川温泉]

    全国有名温泉ガイド黒川温泉



    黒川温泉(くろかわおんせん)は、熊本県阿蘇郡南小国町(旧国肥後国)にある温泉。阿蘇山の北に位置する。近年、一躍脚光を浴びマスメディアなどでの温泉ランキングで日本一に選ばれたりするようになった、南小国温泉郷の一つで、広義では阿蘇温泉郷に含む場合もある。



    アクセス


    公共交通の便は悪く、熊本市、別府市などからの長距離バスまたは自家用車を利用することになる。やまなみハイウェイにも近い場所にある。





    泉質



  • 硫黄泉 - 温泉街の比較的浅い(20メートルとも)地層から80度 - 98度の源泉が湧いている。



    温泉街


    温泉街にありがちな歓楽的要素や派手な看板を廃し、全体に統一的な町並みを形成するなど、意欲的なマーケティングを行っている。有名になったのは、2000年以降である。基本的に全旅館に露天風呂があり、旅行者は「入湯手形」を購入することにより、ほぼすべての旅館にある露天風呂のうち3カ所を選択的に入浴することができる仕組みになっている。リピーターが多く、予約を取ることが難しいと言われているが「黒川温泉旅館組合」0967-44-0076で、旅館の満空情報や紹介を受けることができる。なお、2003年5月時点では、夏の行楽シーズンに向けて改築工事を行っている旅館が多く、温泉街の中心を流れる川に仮設橋が架けられているなど、若干、趣が失われている面も感じられた。



    歴史





    [ 伝承 ]


    温泉としての歴史は古く、以下の伝説がある。ある日、豊後国の甚吉という男は、瓜を盗んだことで首を刎ねられそうになったが、それを免れた。代わりに身代わりに信仰していた地蔵の首が刎ねられてしまう。そこで、村人はそれを甚吉地蔵として崇拝するようになった。ところが細川藩士の中にこの地蔵を持ち去ろうとした男がいた。だが、ある場所に辿り着くや、突如として地蔵が重くなり動かなくなる。男は諦め、地蔵をその場に放置すると、村人は岩場に奉祀することにした。すると、その岩の裂け目から湯が噴き出、村人の浴場となったという。このいで湯こそ黒川温泉の発祥であり、今も地蔵湯と地蔵の首が残っている。


    [ 黎明期 ]


    さて、黒川温泉は口コミやネットで広がり、様々なメディア媒体を通して、今でこそ最も人気のある温泉地の一つまでに成長したが、昔は寂れに寂れ、温泉街の存続さえ危ぶまれていた閑古鳥の啼く温泉地であった。再興の契機となったのは、国民保養温泉地※の指定とやまなみハイウェイの開通であり、交通アクセスの改善によって一時は盛り上がりを見せたが、客を引き留める魅力に薄れ、再び客足が遠のいてしまう。そこで客を引き留め、リピーターを確保できる、黒川温泉のセールスポイントは何かを摸索した結果、候補として挙がったのが露天風呂と田舎情緒であった。また、単独の旅館が栄えても温泉街の発展にはつながらないと考え、温泉街一体での再興策も練られるようになった。その他、様々な案が浮かび上がっては消え、試行錯誤の連続であったが、1983年から入湯手形による各旅館の露天風呂巡りが実施される。もっとも、この企画も大々的なPRを行わず、後は口コミによる観光客増加を待つのみであった。また、この�
    :"$O=$3XN99T@8$bIQHK$Ke$2$h$&$H$7$?$N$b!"8y$rAU$7$?$H$$$($k!#"(>

    [ 余談 ]


    今日における黒川温泉の爆発的ヒットの一大要因としてインターネットが挙げられる。というのも、テレビや雑誌などで頻繁に採り上げられる数年前には、もう一部の温泉ファンの間で「熊本の黒川温泉が一押し」と叫ばれて、掲示板のアンケートでは常に上位を占め、知る人には知る名湯となっていたからである。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク



  • 黒川温泉ホームページ 








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月20日

    温泉[皆生温泉]

    全国有名温泉ガイド皆生温泉



    皆生温泉(かいけおんせん)は、鳥取県米子市(旧国伯耆国)にある温泉。収容人員は山陰最大といわれ、山陰の熱海温泉|熱海の異名を持つ。



    アクセス



  • JR山陰本線米子駅から5km、日本交通 (鳥取)|日交バス・日ノ丸自動車|日ノ丸バスで19分(280円)、タクシーで15分。バスの便も多い。


  • 美保飛行場|米子空港からタクシーで20分。


  • 米子自動車道・山陰自動車道米子インターチェンジから6km、約10分。;高速バス


  • フライングフィッシュ(中国バス)

    福山平成大学|平成大学・千田入口・福山駅|福山駅前・入船町・千間土手東・広尾〜皆生観光センター・米子駅・松江駅・松江しんじ湖温泉駅

    ・空港リムジンバス


  • 日ノ丸自動車(日ノ丸バス)

    美保飛行場|米子空港→皆生観光センター・日ノ出町・高島屋前・市役所前・東町・米子駅・米子全日本空輸|全日空ホテル(米子空港発のみ運行)

    ・一般路線バス

    :アルファベット+数字はバスの行先番号。


  • 日本交通 (鳥取)(日交バス)・日ノ丸自動車(日ノ丸バス)2社共同運行

    米子駅〜東町〜市役所前〜高島屋前(←のみ)〜公会堂前(→のみ)〜日ノ出町〜天満屋前〜上福原〜皆生観光センター〜労災病院〜ジャスコ前〜ジャスコ(日吉津店)


  • 日ノ丸自動車(日ノ丸バス)

    米子駅〜東町〜市役所前〜高島屋前(←のみ)〜公会堂前(→のみ)〜日ノ出町〜天満屋前〜上福原〜皆生観光センター〜新開〜堀川三福中橋



    泉質


    弱食塩泉



    温泉街


    米子市街の北東部、白砂の美しい弓ヶ浜沿いにある。夏季には海水浴場となる弓ヶ浜は、美保湾越しに大山がよく見えて湯上りの散策に丁度良い。浜の内側には大きな温泉旅館やホテルが浜に沿って一直線に立ち並ぶ。旅館街の裏側には、飲み屋・飲食店・風俗営業の店が集まり、夜にはネオン街となる。



    歴史


    温泉の歴史はさほど古くはなく、1890年代|明治23年に地元の一漁師が海中に温泉が湧いているのを発見し、それを泡の湯と名付けた。大正時代に入り、地元の土地会社が目を付け、温泉地として開発した。戦後は団体客が多く訪れるようになり、今日に見られるような温泉街に発達する。一方で歓楽温泉から健康的な温泉へイメージ変化を図っており、1978年|昭和53年には弓ヶ浜に海水浴場を整備、1981年|昭和56年日本で最初のトライアスロン競技が開催され、その発祥の地として毎年大会を開催している。その他スキー、キャンプ、登山、釣りなどの拠点としての開発も行っており、その他イベントの開催や郷土文化の伝承、来訪者の手形を嵌め込んだ海岸遊歩道の整備など様々な試みが行われている。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク



  • 皆生温泉旅館組合








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月18日

    温泉[古牧温泉]

    全国有名温泉ガイド古牧温泉



    古牧温泉(こまきおんせん)は、青森県上北郡六戸町(旧国陸奥国)にある温泉である。



    アクセス



  • 鉄道

    東北本線三沢駅 (青森県)|三沢駅、十和田観光電鉄三沢駅から徒歩5分。




  • 第二みちのく道路三沢十和田下田インターチェンジ|三沢十和田下田ICよりすぐ。


  • 航空

    三沢空港より、無料送迎バス古牧しゃとるバス乗車。


  • 古牧しゃとるバス便

    古牧グループの宿泊施設、観光施設と青森駅、八戸駅、三沢駅、青森空港、三沢空港などを結ぶ。古牧温泉から奥入瀬渓流グランドホテル、十和田湖グランドホテル方面へ結ぶ観光ルートは、無料ということもあって、利用価値が高い。谷地温泉、八甲田山、青森市方面は奥入瀬渓流で乗り換え。



    泉質



  • 単純泉



    温泉街





    [古牧温泉]


    古牧温泉渋沢公園は22万坪の敷地をもつ一大温泉レジャー施設。青森県三沢市、上北郡六戸町にまたがる。


    [入浴施設]


    十和田湖や奥入瀬渓流を模した、広大な大岩風呂がある。他に、三沢駅寄りに古牧元湯がある。


    [宿泊施設]


    古牧第1グランドホテル、古牧第2グランドホテル、古牧第3グランドホテル、古牧第4グランドホテル。


    [古牧温泉渋沢公園]


    かっぱ沼を中心に、付近には保存建築その他が立ち並ぶ。付帯施設として、岡本太郎記念公園、渋沢邸、祭魚洞庭園、小川原湖民俗博物館などがある。



    歴史


    渋沢家の元書生、秘書で、渋沢栄一、渋沢敬三らに仕えた杉本行雄は、十和田観光電鉄を退職し、十和田開発株式会社を興した。十和田奥入瀬観光の拠点として、この地の観光開発を志し、ボーリングの結果、湧出量豊富な源泉を掘り当てた。古牧温泉は、温泉リゾートの一典型として評価された。旅行新聞社の「行ってみたい観光地」10年連続1位に輝くなど、古牧グループの経営戦略は時流に乗った。しかし、経営拡大路線に転じて、バブル期の奥入瀬渓流温泉のホテル建設によって負債を抱え、経営努力にもかかわらず、2004年11月経営破綻。





    文化遺産、文化財、芸術作品



  • 東京都港区 (東京都)|港区三田より移設された「渋沢邸」

    :車庫の屋根裏は戦前の一時期、渋沢敬三の私設博物館「アチック・ミュージアム」が置かれた。「アチック・ミュージアム」はその後、東京都保谷市(現在の西東京市)に移転し、民俗学研究所、後に日本常民文化研究所に発展した。そのコレクションは現在の国立民族学博物館(大阪府吹田市)に引き継がれている。*上北郡六ヶ所村平沼より移設された「茅葺民家」


    [岡本太郎の作品]


    野外展示


  • 「太郎かっぱ神像」


  • 「歓びの鐘」


  • 「愛」


  • 「エラン」


  • 「瑞鳥」


  • 「さかな」


  • 「座ることを拒否する椅子」

    宴会場の緞帳


  • 「生夢幻」(古牧第1グランドホテル)


  • 「天平図」(古牧第3グランドホテル)


  • 「瑞鳳飛翔」(古牧温泉渋沢公園 瑞鳳殿)

    系列の奥入瀬渓流第2グランドホテルには、岡本太郎の遺作はじめ数作品がある。


    [小川原湖民俗博物館の展示]



  • 渋沢敬三の博物館思想を具体化。ありのままのモノの展示を目指す。その展示資料、映像資料は膨大で、温泉施設内の展示施設としては国内最大規模。青森県より岩手県にまたがる南部地方の民俗文化を取り上げる博物館として、貴重な存在である。



    関連項目



  • 温泉街、日本の温泉地一覧





    外部リンク



  • 古牧温泉








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月15日

    温泉[岳温泉]

    全国有名温泉ガイド岳温泉



    岳温泉(だけおんせん)は福島県二本松市にある活火山安達太良山の中腹にある温泉。



    アクセス


    JR二本松駅からバスの便がある。





    泉質



  • 単純酸性泉

    源泉温度68℃、湯量は豊富。胃腸病・神経痛・リューマチに効能がる。





    温泉街


    源泉と温泉街の距離は7kmも離れており、引湯管を用いてお湯を供給している。高村光太郎の『智恵子抄』に詠われた安達太良山の広い斜面にあり、同じく詠われた阿武隈川を見下ろせる。



    歴史


    坂上田村麻呂による発見と言われる。江戸時代中期までは源泉地付近に温泉街があったが、土石流によって温泉街が埋まり、現在地より少し離れた場所に移転した。この時から引湯管を用いた温泉供給が始まった。戊辰戦争の際に、官軍の拠点になることを恐れた二本松藩によって温泉街は焼き払われた。その後、現在地に温泉街が再建された。昭和30年8月24日、国民保養温泉地に指定。





    関連項目



  • 温泉街、日本の温泉地一覧





    外部リンク



  • 岳温泉観光協会








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月13日

    温泉[平山温泉]

    全国有名温泉ガイド平山温泉



    平山温泉(ひらやまおんせん)は、熊本県山鹿市(旧国肥後国)にある温泉。





    アクセス



  • 鉄道:鹿児島本線大牟田駅、または玉名駅よりバスで約70分。





    泉質



  • 硫黄泉

    源泉湧出温度40〜49℃。皮膚に対する効能があるとされる。





    温泉街


    山鹿の奥座敷とも呼ばれる山間部に、旅館が9軒存在する。ボンネットバスによる宿泊客の送迎を行う宿がある。共同浴場は1軒、平山温泉センターが存在する。





    歴史


    開湯は1300年前といわれる。開湯伝説によれば、この地で皮膚病が流行った際に、阿蘇大明神に祈ったところ皮膚病に効く温泉が湧いたとされ、皮膚病の流行は終わったという。皮膚に対する効能で、古くは湯治場として栄えた。





    関連項目



  • 温泉街、日本の温泉地一覧








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月12日

    温泉[草津温泉]

    全国有名温泉ガイド草津温泉



    草津温泉(くさつおんせん)とは、群馬県草津町にある温泉のことである。正確には温泉のあるところが町になったというべきであろう。林羅山の日本三名泉に数えられる。江戸時代の温泉番付では東大関(当時の最高位)にランクされ、名実ともに国内を代表する名泉の一つである。

    北西部には、草津白根山(白根山(2,160m、湯釜)・本白根山(2,171m)・逢の峰(2,110m))が聳えている(上信越高原国立公園)。





    アクセス





    [鉄道利用]



  • 東日本旅客鉄道|JR東日本吾妻線の長野原草津口駅からバスで30分、終点草津温泉下車。


    [自家用車利用]
















































    (関越道) 渋川伊香保IC〜国道353号・145号〜 長野原〜国道292号〜草津
    (上信越道) 上田菅平IC〜国道144号〜
    碓氷軽井沢IC〜 国道18号〜中軽井沢〜国道146号〜
    (中央道) 須玉IC〜国道141号〜 佐久〜
    (長野自動車道) 岡谷IC〜国道142号〜






    泉質



  • 基本的な源泉は、酸性泉(酸性低張性高温泉)。場所(源泉)によっては硫黄泉なども見受けられる。酸性が強くpHは2前後である。


  • 効能は、皮膚病、神経痛、糖尿病ほか多種多様(効能は戯れ歌になるほど多岐にわたる)


  • 源泉は、公的に管理している大源泉が6つ存在するほか、ホテル等が所有している小源泉も多数存在する。


  • 湯量は自噴するほど極めて豊富であり、湯温も50〜90度前後と高い。


  • 現在は、ラジエーターなどを使い高い湯温を下げているが、昔は草津節という歌を歌いながら木の櫂で湯船をかき回す、特徴的な「湯もみ」が行われていた(現在も、観光客向けに実演する場所がある)。





    源泉



  • 西の河原(さいのかわら)


  • 地蔵(じぞう)


  • 白旗(しらはた)


  • 煮川(にかわ)


  • 万代(ばんだい)


  • 湯畑(ゆばたけ) - 温泉街の中心部に湯畑源泉があり、周囲がロータリー状に整備されている。湯が滝のように湧き出る姿は、他の温泉地ではなかなか見ることが出来ない贅沢な光景である。夜間は、ライトアップして湯畑を演出する期間(催し)があり、観光客の目を楽しませている。





    温泉街


    温泉地の中央に湯畑を中心とした古い風情の温泉街があり、それを取り巻くようにリゾート・ホテルやペンション、大滝の湯や西ノ河原公園やテルメテルメやベルツ温泉センターなどのスパ・温泉関連施設、草津音楽の森国際コンサートホールや草津国際スキー場や熱帯園などの諸施設が位置している。




    [内湯めぐり 和風村]



  • うららの湯(うららのゆ) つつじ亭


  • 永楽の湯(えいらくのゆ) たむら


  • 延寿の湯(えんじゅのゆ) 松村屋


  • お汲上げの湯(おくみあげのゆ) 奈良屋


  • 君子の湯(くんしのゆ) 大阪屋


  • さい泉の湯(さいせんのゆ) 草津ホテル


  • たぎちの湯(たぎちのゆ) 牧水


  • 玉すだれの湯(たますだれのゆ) ての字屋


  • 万代の湯(ばんだいのゆ) 望雲


  • 弁天の湯(べんてんのゆ) 益成屋


  • 薬師の湯(やくしのゆ) 湯元館


  • 安兵衛の湯(やすべえのゆ) 日新館


  • 龍神の湯(りゅうじんのゆ) 群龍館


  • 若の湯(わかのゆ) 山本館




    [共同浴場]


    町中に共同浴場が多く存在しており、さまざまな湯が楽しめる。いずれも無料である。ただ今日、日本社会の様々な場面で見られているものと同じ問題で、マナーの問題が取り上げられることが多い。共同浴場名と利用源泉は以下のとおりである。

    ・白旗の湯:白旗源泉

    ・巽の湯:湯畑源泉

    ・翁の湯:湯畑源泉

    ・千代の湯:湯畑源泉

    ・長寿の湯:湯畑源泉

    ・白嶺の湯:湯畑源泉

    ・千歳の湯:湯畑源泉

    ・瑠璃の湯:湯畑源泉

    ・睦の湯:湯畑源泉

    ・喜美の湯:湯畑源泉

    ・関の湯:湯畑源泉

    ・煮川の湯:煮川源泉

    ・地蔵の湯:地蔵源泉

    ・凪の湯:西の河原源泉

    ・こぶしの湯:万代鉱源泉

    ・恵の湯:万代鉱源泉

    ・つつじの湯:万代鉱源泉

    ・長栄の湯(旧町営の湯):万代鉱源泉



    歴史



  • 日本武尊や行基、源頼朝が開湯した伝説を持つほど、古くから知られた湯治#.E6.B9.AF.E6.B2.BB.E5.A0.B4|湯治場である。*18世紀初頭、「かこい湯」「幕湯」という内湯が設けられる。*江戸時代、現在と比べて交通は不便にもかかわらず、湯治客は年間1万人を超える数を記録している。幕末には、「草津千軒江戸構え」といわれたほどである。*草津の由来は「くさうず(臭水)」が訛ったものであるとされる。*明治時代、お雇い外国人として来日したドイツ人医師エルヴィン・フォン・ベルツ|ベルツ博士によって、その良さを再発見される。*2004年、某温泉に草津温泉の入浴剤が用いられたことが発覚したことから、その効能が再び注目されている。但し、これをきっかけとした温泉偽装問題の中、入湯税の徴収額と納入額に差が有ると報じられた。*日本プロサッカーリーグ|Jリーグ・J2の一チームであるザスパ草津の選手の大半はこの草津温泉のアルバイトやパート従�
    6H0w$r$7$J$,$i%5%C%+!


    その他



  • 近くには草津温泉スキー場が開設されており、冬場でも多くの客が訪れる。*町外れには、湯治に来て亡くなった無縁仏が多数ある。明治年間の墓石もあり、効能が広く世間に伝えられていたことが伺い知れる。*温泉を用いた医療施設として、群馬大学医学部附属病院草津分院がある。高血圧、喘息、リュウマチなどの治療に温泉を使用している。*近畿地方の滋賀県にも同名の「草津市」(東海道五十三次の宿場町と天井川の草津川で有名)があるため、近畿(草津市近辺以外)の子供たちが草津市を通りかかった時、一度は「どこに温泉があるのだろう」と思ったりする。近畿でも草津温泉の名前は有名だが、地元兵庫県にある有馬温泉の存在故か、温泉として草津温泉がそう身近でないため起こる現象である。



    関連后
    `L\




  • 温泉


  • 温泉街


  • 日本の温泉地一覧


  • スキー場





    関連著作・書物



  • 『鎌倉日記』


  • 『上州草津温泉往来』 十返舎一九 文政6年(1823年)



    外部リンク



  • 草津温泉公式サイト(草津温泉観光協会)


  • ゆもみねっと草津温泉協同組合)


  • 草津国際スキー場


  • タウンガイド名湯草津温泉








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月11日

    温泉[野沢温泉]

    全国有名温泉ガイド野沢温泉



    野沢温泉(のざわおんせん)は、長野県下高井郡野沢温泉村(旧国信濃国)にある温泉。





    アクセス



  • 鉄道:飯山線戸狩野沢温泉駅よりバスで約20分。





    泉質



  • 硫黄泉





    温泉街


    毛無山の山腹に数多くの旅館が密集している。温泉街の道は狭く、また坂が多いのが特徴である。野沢温泉スキー場が温泉街の背後に広がっている。共同浴場は13軒存在し、地元の湯仲間という組織によって維持管理運営されている。共同浴場は観光客にも開放しており、寸志で入浴可能である。共同浴場「大湯」の目の前には足湯が存在する。また何軒かの旅館でも旅館の軒先に足湯を設けている。巨大な湧出口である麻釜(おがま)が有名で、100℃近い温度のお湯を利用して地元の方が野菜を茹でたりしている。また、秋になると麻釜や共同浴場で野沢菜の仕込みを行う光景が見られる。





    歴史


    奈良時代に行基によって発見されたとされる。戦国時代 (日本)|戦国時代には犬養御湯として、秋保温泉|名取御湯、別所温泉|信濃御湯とともに三御湯と呼ばれた。但し犬養御湯ではなくいわき湯本温泉|三函御湯が入ることもある。江戸時代には飯山藩主の湯治#湯治場|湯治場が設けられた時期もあった。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク



  • 野沢温泉officialホームページ








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月10日

    温泉[湯河原温泉]

    全国有名温泉ガイド湯河原温泉



    湯河原温泉(ゆがわらおんせん)は神奈川県足柄下郡湯河原町にある温泉。万葉集にも『足柄の土肥の河内に出ずる湯の世にもたよらに子ろが言はなくに』と詠まれた古い温泉で、この歌碑が温泉街に設置されている。また、県境の川を隔てて静岡県熱海市泉地区にも温泉宿があり、伊豆湯河原温泉(いずゆがわらおんせん)と称している。なお、市外局番は、湯河原町、伊豆湯河原温泉も同一で、熱海市泉地区は静岡県唯一の東日本電信電話|NTT東日本管轄域である。



    アクセス


    JR東海道本線湯河原駅下車すぐ。





    泉質


    単純泉・弱食塩泉・石膏泉、30〜88℃。湯河原温泉は数十万年前に活動を終えた古い火山(湯河原火山と呼ばれている)の旧火口が崩壊して出来たカルデラ内に湧出している。





    効能


    皮膚病、筋肉痛、リューマチ、神経痛、冷え性など





    温泉街


    湯河原駅から千歳川の谷を遡るように温泉街が続いている。隣の熱海には巨大温泉ホテルが林立しているが湯河原は日本旅館主体で、古くからある『温泉街』の風情が残っている。





    歴史


    開湯伝説は複数存在する。


  • 役行者発見説


  • 加賀の山伏による発見説


  • 行基による発見説


  • 空海|弘法大師による発見説





    湯河原を愛した文化人



  • 国木田独歩:晩年に『湯河原より』『湯河原ゆき』などの短編小説を執筆。


  • 夏目漱石:絶筆となった『明暗』を湯河原にて執筆。


  • その他島崎藤村、芥川龍之介、谷崎潤一郎らが湯河原を訪れている。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク



  • 湯河原温泉観光協会


  • 伊豆湯河原温泉観光協会








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月09日

    温泉[三朝温泉]

    全国有名温泉ガイド三朝温泉



    三朝温泉(みささおんせん)は、鳥取県三朝町(旧国伯耆国)にある温泉。





    アクセス



  • JR山陰本線倉吉駅より、日ノ丸自動車|日ノ丸バスで20〜25分。


  • 鳥取空港より、空港リムジンバス(日ノ丸バス)で1時間。;高速バス


  • 三朝温泉直行かにバス(シモデンツアーサービス)

    児島駅|JR児島駅・倉敷駅|倉敷駅前西ビル南側・岡山駅|岡山(林原駐車場)・岡山インターチェンジ|シモデン津高(岡山インター北)〜三朝ロイヤルホテル・大学病院前(岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター)・三朝温泉入口・三朝温泉・燕趙園


  • 原則として、毎年冬(今シーズンは2005年1月8日〜3月20日)のみの期間限定運行。3往復運行。


  • 燕趙園は岡山・倉敷・児島行き1本のみ乗り入れで、その他は三朝温泉発着。


  • 岡山インターチェンジ|岡山IC〜湯原インターチェンジ|湯原IC間は岡山自動車道・中国自動車道・米子自動車道経由。

    ・空港リムジンバス


  • 鳥取空港リムジンバス

    鳥取空港〜浜村中央・青谷・恐竜広場前・松崎駅 (鳥取県)|松崎駅前・倉吉駅・八ツ屋・三朝町役場前・大学病院前(岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター)・三朝温泉入口・三朝温泉(三朝商工センター)


  • 山陰自動車道は経由しない。

    ・一般路線バス


  • 日ノ丸自動車(日ノ丸バス)

    海田日ノ丸車庫〜倉吉駅〜八ツ屋〜竹田橋〜卸団地〜三朝町役場前〜大学病院前(岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター)〜三朝温泉入口〜三朝温泉(三朝商工センター)〜三朝車庫〜投入堂|三徳山

    海田日ノ丸車庫〜倉吉駅〜八ツ屋〜総合事務所前〜鳥取県立倉吉東高等学校|倉吉東高〜円谷〜三朝町役場前〜大学病院前(岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター)〜三朝温泉入口〜三朝温泉(三朝商工センター)〜三朝車庫

    生田車庫〜生田〜丸山〜西倉吉町〜西倉吉〜岡田〜河原町〜福吉町〜新町〜赤瓦・白壁土蔵〜堺町(さかえまち)〜円谷(えんだに)〜三朝町役場前〜大学病院前(岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター)〜三朝温泉入口〜三朝温泉(三朝商工センター)〜三朝車庫〜三徳山〜吉原

    生田車庫〜生田〜丸山〜西倉吉町〜西倉吉〜岡田〜河原町〜福吉町〜新町〜赤瓦・白壁土蔵〜堺町(さかえまち)〜倉吉パークスクエア北口〜厚生病院前〜総合事務所前〜竹田橋〜卸団地〜三朝町役場前〜大学病院前(岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター)〜三朝温泉入口〜三朝温泉(三朝商工センター)〜三朝車庫〜神倉(かんのくら)



    泉質


    ・含放射能/ナトリウム・塩化物泉

    ・含放射能/ナトリウム・塩化物・炭酸水素塩泉

    ・含放射能/単純泉

    ラドンが含まれているとされる。





    温泉街


    河原の温泉(24時間・無料)から、株湯(元湯)をはじめ、伝統的な温泉街が河川沿いに広がっている。歓楽色は一切ないが、観光拠点としての利用は多い。本格的な療養温泉でもあり、温泉医療のメッカとしても知られ、国立病院や大学病院、温泉研究所が至る所に見られる。またオンドルを持った長期滞在者向けの旅館や自炊宿も見られ、観光と療養という両極性がこの温泉の特徴である。



    歴史


    830年の歴史があるという歴史的な温泉で、源頼朝の家臣、大久保左馬之祐が源氏の再興を祈願し、三徳山三仏寺に赴いた折に命を救った白狼が夢枕に立って、楠の老木から湯が湧き出ていることを教えたといわれる。この湯が元湯の株湯である。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧





    外部リンク



  • 三朝町


  • 三朝温泉旅館協同組合






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月07日

    温泉[片山津温泉]

    全国有名温泉ガイド片山津温泉





    片山津温泉(かたやまづおんせん)は、石川県加賀市(旧国加賀国)にある温泉。温泉街は加賀三湖|柴山潟の一部を埋め立てられて作られている。加賀温泉郷のひとつで、北陸を代表する歓楽温泉として知られた。





    アクセス


    JR北陸本線、加賀温泉駅からタクシーで10分、かつては動橋駅が最寄駅であったが、特急停車駅が加賀温泉駅に統合され、事実上加賀温泉駅が最寄り駅になった。





    泉質


    ナトリウム・カルシウム塩化物泉





    温泉街


    旅館数14軒ほどのこじんまりした温泉街が、柴山潟南岸に見える。大型ホテルの閉鎖が相次ぎ、代わりに老人ホームなどの福祉施設が建てられるなど町並みに変化が起こっている。





    歴史


    発見は承応2年(1653年)だが、本格的に開発されたのは明治になってからである。北陸最大級の山代温泉と同じ最寄り駅であり、山代と共に歓楽温泉として発展を遂げていった。しかし、後に団体客は減少、転機が訪れるが、その対応に遅れたために急激に衰退することになる。今日では柴山潟の花火打ち上げやサイクリングロード整備によるレジャー開発、また中谷宇吉郎「雪の科学館」の敷設などで巻き返しを図っている。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧





    外部リンク



  • 片山津温泉観光協会








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月06日

    温泉[月岡温泉]

    全国有名温泉ガイド月岡温泉



    月岡温泉(つきおかおんせん)は、新潟県新発田市(旧国越後国)にある温泉。川端康成の『雪国 (文学)|雪国』をモチーフに笹倉明が書き下ろした小説『新・雪国』の映画撮影がこの温泉で行われた。公開は未定。



    アクセス



  • 東日本旅客鉄道|JR東日本羽越本線・白新線新発田駅よりバスで約30分


  • 羽越本線月岡駅 (新潟県)|月岡駅よりバス・タクシーで約10分


  • 日本海東北自動車道・豊栄新潟東港インターチェンジ|豊栄新潟東港ICより約20分


  • 磐越自動車道・新津インターチェンジ|新津ICより約25分



    泉質



  • 含食塩硫化水素泉

    源泉温度は50度。美肌に対する効能があるとされる。硫黄成分濃度の高さで知られ、その含有量は万座温泉に次ぐ。



    温泉街


    旧北蒲原郡豊浦町 (新潟県)|豊浦町の域内だったが、2003年7月7日の市町村合併で、現在は新発田市の市域。農村の中に開かれた温泉街で、全国トップ100に入る巨大なホテルと、創業当時のままの自炊湯治宿が立ち並ぶ。



    歴史


    大正4年、石油掘削のための井戸から噴出したお湯によって開かれた湯治#.E6.B9.AF.E6.B2.BB.E5.A0.B4|湯治場。当初は、自分たちで炊事をするような鄙びたものだった。石油試掘に纏わる温泉は他にも豊富温泉、羽根沢温泉、瀬波温泉などがある。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク



  • 月岡温泉








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年10月05日

    温泉[渋温泉]

    全国有名温泉ガイド渋温泉



    渋温泉(しぶおんせん)は、長野県下高井郡山ノ内町(旧国信濃国)にある温泉。一帯は「湯田中渋温泉郷」と呼ばれる温泉郷である。





    アクセス



  • 鉄道:長野電鉄長野線湯田中駅よりバスで約5分。





    泉質



  • 単純泉


  • 塩化物泉





    温泉街


    夜間瀬川支流の横湯川沿いに温泉街が広がる。石畳の道と木造建築の旅館の町並みが温泉街を象徴する光景である。温泉街の石畳が有名な温泉地は、他にも湯平温泉などが存在する。共同浴場は9軒存在するが、いずれも宿泊客および地元の方専用であり、どの浴場にも鍵がかけられている。宿泊客以外の人でも入浴可能な日帰り入浴施設、「信玄竈風呂」が1軒存在する。温泉寺の側に存在し、共同浴場では提供されていない蒸し風呂を楽しむことができる。また足湯も存在する。共同浴場の外湯巡りが有名である。「巡浴手拭い」という手ぬぐいと浴場の鍵を持ち歩きながら湯巡りをする。各浴場においてあるスタンプを押していき、全ての浴場のスタンプが押せたらその手ぬぐいを高薬師に奉納すると、願い事が叶うといわれている。



    歴史


    開湯伝説によれば、1300年前に行基が発見したとされる。江戸時代には、佐久間象山、小林一茶、葛飾北斎などの文人がこの地を訪れた。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク



  • 渋温泉旅館組合








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。