2005年12月01日

温泉[黒川温泉]

全国有名温泉ガイド黒川温泉



黒川温泉(くろかわおんせん)は、熊本県阿蘇郡南小国町(旧国肥後国)にある温泉。阿蘇山の北に位置する。近年、一躍脚光を浴びマスメディアなどでの温泉ランキングで日本一に選ばれたりするようになった、南小国温泉郷の一つで、広義では阿蘇温泉郷に含む場合もある。



アクセス


公共交通の便は悪く、熊本市、別府市などからの長距離バスまたは自家用車を利用することになる。やまなみハイウェイにも近い場所にある。





泉質



  • 硫黄泉 - 温泉街の比較的浅い(20メートルとも)地層から80度 - 98度の源泉が湧いている。



    温泉街


    温泉街にありがちな歓楽的要素や派手な看板を廃し、全体に統一的な町並みを形成するなど、意欲的なマーケティングを行っている。有名になったのは、2000年以降である。基本的に全旅館に露天風呂があり、旅行者は「入湯手形」を購入することにより、ほぼすべての旅館にある露天風呂のうち3カ所を選択的に入浴することができる仕組みになっている。リピーターが多く、予約を取ることが難しいと言われているが「黒川温泉旅館組合」0967-44-0076で、旅館の満空情報や紹介を受けることができる。なお、2003年5月時点では、夏の行楽シーズンに向けて改築工事を行っている旅館が多く、温泉街の中心を流れる川に仮設橋が架けられているなど、若干、趣が失われている面も感じられた。



    歴史





    [ 伝承 ]


    温泉としての歴史は古く、以下の伝説がある。ある日、豊後国の甚吉という男は、瓜を盗んだことで首を刎ねられそうになったが、それを免れた。代わりに身代わりに信仰していた地蔵の首が刎ねられてしまう。そこで、村人はそれを甚吉地蔵として崇拝するようになった。ところが細川藩士の中にこの地蔵を持ち去ろうとした男がいた。だが、ある場所に辿り着くや、突如として地蔵が重くなり動かなくなる。男は諦め、地蔵をその場に放置すると、村人は岩場に奉祀することにした。すると、その岩の裂け目から湯が噴き出、村人の浴場となったという。このいで湯こそ黒川温泉の発祥であり、今も地蔵湯と地蔵の首が残っている。


    [ 黎明期 ]


    さて、黒川温泉は口コミやネットで広がり、様々なメディア媒体を通して、今でこそ最も人気のある温泉地の一つまでに成長したが、昔は寂れに寂れ、温泉街の存続さえ危ぶまれていた閑古鳥の啼く温泉地であった。再興の契機となったのは、国民保養温泉地※の指定とやまなみハイウェイの開通であり、交通アクセスの改善によって一時は盛り上がりを見せたが、客を引き留める魅力に薄れ、再び客足が遠のいてしまう。そこで客を引き留め、リピーターを確保できる、黒川温泉のセールスポイントは何かを摸索した結果、候補として挙がったのが露天風呂と田舎情緒であった。また、単独の旅館が栄えても温泉街の発展にはつながらないと考え、温泉街一体での再興策も練られるようになった。その他、様々な案が浮かび上がっては消え、試行錯誤の連続であったが、1983年から入湯手形による各旅館の露天風呂巡りが実施される。もっとも、この企画も大々的なPRを行わず、後は口コミによる観光客増加を待つのみであった。また、この�
    :"$O=$3XN99T@8$bIQHK$Ke$2$h$&$H$7$?$N$b!"8y$rAU$7$?$H$$$($k!#"(>

    [ 余談 ]


    今日における黒川温泉の爆発的ヒットの一大要因としてインターネットが挙げられる。というのも、テレビや雑誌などで頻繁に採り上げられる数年前には、もう一部の温泉ファンの間で「熊本の黒川温泉が一押し」と叫ばれて、掲示板のアンケートでは常に上位を占め、知る人には知る名湯となっていたからである。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク



  • 黒川温泉ホームページ 








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。