2005年12月19日

温泉[三朝温泉]

全国有名温泉ガイド三朝温泉



三朝温泉(みささおんせん)は、鳥取県東伯郡三朝町(旧国伯耆国)にある温泉。





アクセス



  • JR山陰本線倉吉駅より、日ノ丸自動車|日ノ丸バスで20〜25分。


  • 鳥取空港より、空港リムジンバス(日ノ丸バス)で1時間。;高速バス


  • 三朝温泉直行かにバス(シモデンツアーサービス)

    児島駅|JR児島駅・倉敷駅|倉敷駅前西ビル南側・岡山駅|岡山(林原駐車場)・岡山インターチェンジ|シモデン津高(岡山インター北)〜三朝ロイヤルホテル・大学病院前(岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター)・三朝温泉入口・三朝温泉・燕趙園


  • 原則として、毎年冬(今シーズンは2005年1月8日〜3月20日)のみの期間限定運行。3往復運行。


  • 燕趙園は岡山・倉敷・児島行き1本のみ乗り入れで、その他は三朝温泉発着。


  • 岡山インターチェンジ|岡山IC〜湯原インターチェンジ|湯原IC間は岡山自動車道・中国自動車道・米子自動車道経由。

    ・空港リムジンバス


  • 鳥取空港リムジンバス

    鳥取空港〜浜村中央・青谷・恐竜広場前・松崎駅 (鳥取県)|松崎駅前・倉吉駅・八ツ屋・三朝町役場前・大学病院前(岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター)・三朝温泉入口・三朝温泉(三朝商工センター)


  • 山陰自動車道は経由しない。

    ・一般路線バス


  • 日ノ丸自動車(日ノ丸バス)

    海田日ノ丸車庫〜倉吉駅〜八ツ屋〜竹田橋〜卸団地〜三朝町役場前〜大学病院前(岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター)〜三朝温泉入口〜三朝温泉(三朝商工センター)〜三朝車庫〜投入堂|三徳山

    海田日ノ丸車庫〜倉吉駅〜八ツ屋〜総合事務所前〜鳥取県立倉吉東高等学校|倉吉東高〜円谷〜三朝町役場前〜大学病院前(岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター)〜三朝温泉入口〜三朝温泉(三朝商工センター)〜三朝車庫

    生田車庫〜生田〜丸山〜西倉吉町〜西倉吉〜岡田〜河原町〜福吉町〜新町〜赤瓦・白壁土蔵〜堺町(さかえまち)〜円谷(えんだに)〜三朝町役場前〜大学病院前(岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター)〜三朝温泉入口〜三朝温泉(三朝商工センター)〜三朝車庫〜三徳山〜吉原

    生田車庫〜生田〜丸山〜西倉吉町〜西倉吉〜岡田〜河原町〜福吉町〜新町〜赤瓦・白壁土蔵〜堺町(さかえまち)〜倉吉パークスクエア北口〜厚生病院前〜総合事務所前〜竹田橋〜卸団地〜三朝町役場前〜大学病院前(岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター)〜三朝温泉入口〜三朝温泉(三朝商工センター)〜三朝車庫〜神倉(かんのくら)



    泉質



  • 含放射能/ナトリウム・塩化物泉


  • 含放射能/ナトリウム・塩化物・炭酸水素塩泉


  • 含放射能/単純泉

    ラドンが含まれているとされ、源泉中のラドン量について683.3マッヘの記録がある。



    温泉街


    河原の温泉(24時間・無料)から、株湯(元湯)をはじめ、伝統的な温泉街が河川沿いに広がっている。歓楽色は一切ないが、観光拠点としての利用は多い。本格的な療養温泉でもあり、温泉医療のメッカとしても知られ、国立病院や大学病院、温泉研究所が至る所に見られる。またオンドルを持った長期滞在者向けの旅館や自炊宿も見られ、観光と療養という両極性がこの温泉の特徴である。



    歴史


    830年の歴史があるという歴史的な温泉で、源頼朝の家臣、大久保左馬之祐が源氏の再興を祈願し、三徳山三仏寺に赴いた折に命を救った白狼が夢枕に立って、楠の老木から湯が湧き出ていることを教えたといわれる。この湯が元湯の株湯である。出雲国風土記にも温泉に関する記述がある。明治以降は多くの文人も訪れた。訪れたのは与謝野鉄幹、与謝野晶子、野口雨情、志賀直哉、斎藤茂吉、島崎藤村などである。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧





    外部リンク



  • 三朝町


  • 三朝温泉旅館協同組合








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:19| Comment(30) | TrackBack(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。