2005年12月08日

温泉[鬼怒川温泉]

全国有名温泉ガイド鬼怒川温泉



鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)は、栃木県塩谷郡藤原町 (栃木県)|藤原町(旧国下野)にある温泉。



アクセス



  • 鉄道:東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅または鬼怒川公園駅すぐ。


  • 車:日光宇都宮道路今市インターチェンジ|今市ICより約30分。



    泉質



  • アルカリ性単純泉


  • 単純泉

    火傷に対する効能があるとされ、北側の川治温泉とともに「傷は川治、火傷は滝(現在の鬼怒川温泉)」と称された。



    温泉街


    鬼怒川温泉駅の南側から、鬼怒川公園駅までの間、鬼怒川沿いの両岸、滝地区と藤原地区に数多くの大型ホテル、旅館の建物が連なる。歓楽街温泉としても栄えた場所であり、それに伴う飲み屋なども数多く存在していたらしいが、現状(2005年5月現在)、実際に営業している店舗は多くない。

    鬼怒川温泉駅前は旅館業者が兼営するみやげ物店、食堂、売店が散在する。温泉街の外れには、索道|ロープウェイが存在する。ロープウェイの山頂側の駅近くに温泉神社が存在する。立ち寄り風呂としては、鬼怒川公園内に町営の鬼怒川公園岩風呂(入浴料:大人500円)がある。また、ほとんどのホテル・旅館で入浴のみの利用も可能となっている。同じ東京近郊立地の温泉地である箱根温泉に比べると、アクセスがやや不利で大手開発業者も入らなかったことから、いわゆるバブル経済|バブル崩壊後温泉街全体が経営的に苦しくなっている中、栃木県の地場銀行である足利銀行の経営破綻の影響で大多数の旅館で資金繰りが悪化している。産業再生機構の支援対象となっている旅館業者は2005年4月末までで5社(同じ日光国立公園内では他に3社)あるほか、ここ2年間で廃業したものも2社(館)ある。



    歴史


    古くは滝温泉という名前で、鬼怒川の西岸にのみ温泉があった。発見は1752年とされる。日光の寺社領であったことから、日光詣帰りの諸大名や僧侶達のみが利用可能な温泉であった。明治時代になって、滝温泉が一般にも開放されるとともに、明治2年には東岸にも藤原温泉が発見される。その後、上流に水力発電|水力発電所が出来て鬼怒川の水位が下がるとともに、川底から新源泉が次々と発見され、次第に温泉として発展していった。1927年(昭和2年)に、滝温泉と藤原温泉を合わせて鬼怒川温泉と呼ぶようになり、その名称は今日までいたっている。戦後は東武鉄道のスペーシア#きぬ|特急「きぬ」の運転などもあり、東京から多くの観光客が押し寄せ、大型温泉地として、また歓楽街温泉地としての発展を見せた。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク



  • 鬼怒川・川治温泉観光協会








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:


    この記事へのトラックバック

    女子高生処女喪失、友達同士で記念撮影?
    Excerpt: まだまだあどけない高校生カップル2組が彼女の処女喪失を記念撮影!共有ファイル流出動画を期間限定配信!!
    Weblog: 女子高生処女喪失、友達同士で記念撮影?
    Tracked: 2005-12-08 04:48
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。