2005年12月02日

温泉[鶴巻温泉]

全国有名温泉ガイド鶴巻温泉



鶴巻温泉(つるまきおんせん)は神奈川県秦野市(旧国相模国)にある小規模な温泉郷である。





アクセス



  • 鉄道:小田急電鉄小田急小田原線|小田原線鶴巻温泉駅北口すぐ。

    駅周辺のすぐ近くに温泉郷があるので、交通の便は比較的良い。



    泉質



  • 弱アルカリ性塩化物泉。

    源泉温度26.3〜37.3℃。

    湧き出る温泉の中にはカルシウムイオンが牛乳並に多く含まれており(1960mg/kg)、世界一の含有量である。



    効能


    神経痛、筋肉痛、外傷、やけどなど



    温泉街


    近年は温泉街内に住宅地や高層マンションが建設され、住宅地の中にある温泉街というイメージが強い。しかし、温泉近辺は、まだまだ自然が豊富にあるので、観光気分は十分に味わえる。


    [周辺の名所]



  • 丹沢


  • 秦野市立宮永岳彦記念美術館


  • 弘法山


  • 震生湖



    歴史


    戦後は東京の奥座敷として発展した。温泉旅館「旅館陣屋」の脇にマンションが開発された際に、源泉の湧出量が減ったとして裁判が起こされた。2004年に発生した温泉偽装問題では、温泉地内のある旅館で、温泉利用を表記していながら水道水を利用していたと報道された。



    その他





    [鶴巻温泉と将棋]


    鶴巻温泉内に存在する「旅館陣屋」では将棋の名人戦 (将棋)|名人戦や竜王戦などが頻繁に行われている。その旅館から生まれた将棋の名勝負は数多いが「陣屋事件」と呼ばれる騒動の舞台になってしまったこともある。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧、日本一の一覧#.E3.81.9D.E3.81.AE.E4.BB.96|日本一の一覧



    外部リンク



  • 秦野の観光

    秦野の観光 温泉






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年12月01日

    温泉[黒川温泉]

    全国有名温泉ガイド黒川温泉



    黒川温泉(くろかわおんせん)は、熊本県阿蘇郡南小国町(旧国肥後国)にある温泉。阿蘇山の北に位置する。近年、一躍脚光を浴びマスメディアなどでの温泉ランキングで日本一に選ばれたりするようになった、南小国温泉郷の一つで、広義では阿蘇温泉郷に含む場合もある。



    アクセス


    公共交通の便は悪く、熊本市、別府市などからの長距離バスまたは自家用車を利用することになる。やまなみハイウェイにも近い場所にある。





    泉質



  • 硫黄泉 - 温泉街の比較的浅い(20メートルとも)地層から80度 - 98度の源泉が湧いている。



    温泉街


    温泉街にありがちな歓楽的要素や派手な看板を廃し、全体に統一的な町並みを形成するなど、意欲的なマーケティングを行っている。有名になったのは、2000年以降である。基本的に全旅館に露天風呂があり、旅行者は「入湯手形」を購入することにより、ほぼすべての旅館にある露天風呂のうち3カ所を選択的に入浴することができる仕組みになっている。リピーターが多く、予約を取ることが難しいと言われているが「黒川温泉旅館組合」0967-44-0076で、旅館の満空情報や紹介を受けることができる。なお、2003年5月時点では、夏の行楽シーズンに向けて改築工事を行っている旅館が多く、温泉街の中心を流れる川に仮設橋が架けられているなど、若干、趣が失われている面も感じられた。



    歴史





    [ 伝承 ]


    温泉としての歴史は古く、以下の伝説がある。ある日、豊後国の甚吉という男は、瓜を盗んだことで首を刎ねられそうになったが、それを免れた。代わりに身代わりに信仰していた地蔵の首が刎ねられてしまう。そこで、村人はそれを甚吉地蔵として崇拝するようになった。ところが細川藩士の中にこの地蔵を持ち去ろうとした男がいた。だが、ある場所に辿り着くや、突如として地蔵が重くなり動かなくなる。男は諦め、地蔵をその場に放置すると、村人は岩場に奉祀することにした。すると、その岩の裂け目から湯が噴き出、村人の浴場となったという。このいで湯こそ黒川温泉の発祥であり、今も地蔵湯と地蔵の首が残っている。


    [ 黎明期 ]


    さて、黒川温泉は口コミやネットで広がり、様々なメディア媒体を通して、今でこそ最も人気のある温泉地の一つまでに成長したが、昔は寂れに寂れ、温泉街の存続さえ危ぶまれていた閑古鳥の啼く温泉地であった。再興の契機となったのは、国民保養温泉地※の指定とやまなみハイウェイの開通であり、交通アクセスの改善によって一時は盛り上がりを見せたが、客を引き留める魅力に薄れ、再び客足が遠のいてしまう。そこで客を引き留め、リピーターを確保できる、黒川温泉のセールスポイントは何かを摸索した結果、候補として挙がったのが露天風呂と田舎情緒であった。また、単独の旅館が栄えても温泉街の発展にはつながらないと考え、温泉街一体での再興策も練られるようになった。その他、様々な案が浮かび上がっては消え、試行錯誤の連続であったが、1983年から入湯手形による各旅館の露天風呂巡りが実施される。もっとも、この企画も大々的なPRを行わず、後は口コミによる観光客増加を待つのみであった。また、この�
    :"$O=$3XN99T@8$bIQHK$Ke$2$h$&$H$7$?$N$b!"8y$rAU$7$?$H$$$($k!#"(>

    [ 余談 ]


    今日における黒川温泉の爆発的ヒットの一大要因としてインターネットが挙げられる。というのも、テレビや雑誌などで頻繁に採り上げられる数年前には、もう一部の温泉ファンの間で「熊本の黒川温泉が一押し」と叫ばれて、掲示板のアンケートでは常に上位を占め、知る人には知る名湯となっていたからである。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク



  • 黒川温泉ホームページ 








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年11月30日

    温泉[西浦温泉]

    全国有名温泉ガイド西浦温泉



    西浦温泉(にしうらおんせん)は、愛知県蒲郡市(旧国三河国)にある温泉。



    アクセス



  • 鉄道:東海道本線蒲郡駅からバス、または名鉄蒲郡線西浦駅下車、徒歩20分またはバス。



    泉質



  • 単純緑礬泉(温度が低いために浴用加熱)



    温泉街


    三河湾から突出した西浦半島一帯に湧出し、各旅館からの眺望に優れる。典型的な行楽温泉(ただし、歓楽的要素は薄い)であることから、東海の熱海温泉|熱海の異名を持つ。西浦半島の中心部、特に眺望の優れた高台や海岸に中〜大規模な観光ホテルが林立。温泉街へのアクセスは悪くなく、また宿泊価格のお手頃感から、団体旅行やレジャー等の観光拠点として重宝されている。



    歴史


    西浦半島一帯は古くは万葉の地として歌垣にも選ばれており、万葉の小径などが観光資源として一役買っているが、温泉の歴史は新しく1953年の開湯。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク


    西浦温泉旅館観光組合








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年11月29日

    温泉[西浦温泉]

    全国有名温泉ガイド西浦温泉



    西浦温泉(にしうらおんせん)は、愛知県蒲郡市(旧国三河国)にある温泉。



    アクセス



  • 鉄道:東海道本線蒲郡駅からバス、または名鉄蒲郡線西浦駅下車、徒歩20分またはバス。



    泉質



  • 単純緑礬泉(温度が低いために浴用加熱)



    温泉街


    三河湾から突出した西浦半島一帯に湧出し、各旅館からの眺望に優れる。典型的な行楽温泉(ただし、歓楽的要素は薄い)であることから、東海の熱海温泉|熱海の異名を持つ。西浦半島の中心部、特に眺望の優れた高台や海岸に中〜大規模な観光ホテルが林立。温泉街へのアクセスは悪くなく、また宿泊価格のお手頃感から、団体旅行やレジャー等の観光拠点として重宝されている。



    歴史


    西浦半島一帯は古くは万葉の地として歌垣にも選ばれており、万葉の小径などが観光資源として一役買っているが、温泉の歴史は新しく1953年の開湯。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク


    西浦温泉旅館観光組合








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年11月28日

    温泉[皆生温泉]

    全国有名温泉ガイド皆生温泉



    皆生温泉(かいけおんせん)は、鳥取県米子市(旧国伯耆国)にある温泉。収容人員は山陰最大といわれ、山陰の熱海温泉|熱海の異名を持つ。



    アクセス



  • JR山陰本線米子駅から5km、日本交通 (鳥取)|日交バス・日ノ丸自動車|日ノ丸バスで19分(280円)、タクシーで15分。バスの便も多い。


  • 美保飛行場|米子空港からタクシーで20分。


  • 米子自動車道・山陰自動車道米子インターチェンジから6km、約10分。;高速バス


  • フライングフィッシュ(中国バス)

    福山平成大学|平成大学・千田入口・福山駅|福山駅前・入船町・千間土手東・広尾〜皆生観光センター・米子駅・松江駅・松江しんじ湖温泉駅

    ・空港リムジンバス


  • 日ノ丸自動車(日ノ丸バス)

    美保飛行場|米子空港→皆生観光センター・日ノ出町・高島屋前・市役所前・東町・米子駅・米子全日本空輸|全日空ホテル(米子空港発のみ運行)

    ・一般路線バス

    :アルファベット+数字はバスの行先番号。


  • 日本交通 (鳥取)(日交バス)・日ノ丸自動車(日ノ丸バス)2社共同運行

    米子駅〜東町〜市役所前〜高島屋前(←のみ)〜公会堂前(→のみ)〜日ノ出町〜天満屋前〜上福原〜皆生観光センター〜労災病院〜ジャスコ前〜ジャスコ(日吉津店)


  • 日ノ丸自動車(日ノ丸バス)

    米子駅〜東町〜市役所前〜高島屋前(←のみ)〜公会堂前(→のみ)〜日ノ出町〜天満屋前〜上福原〜皆生観光センター〜新開〜堀川三福中橋



    泉質


    弱食塩泉



    温泉街


    米子市街の北東部、白砂の美しい弓ヶ浜沿いにある。夏季には海水浴場となる弓ヶ浜は、美保湾越しに大山がよく見えて湯上りの散策に丁度良い。浜の内側には大きな温泉旅館やホテルが浜に沿って一直線に立ち並ぶ。旅館街の裏側には、飲み屋・飲食店・風俗営業の店が集まり、夜にはネオン街となる。



    歴史


    温泉の歴史はさほど古くはなく、1890年代|明治23年に地元の一漁師が海中に温泉が湧いているのを発見し、それを泡の湯と名付けた。大正時代に入り、地元の土地会社が目を付け、温泉地として開発した。戦後は団体客が多く訪れるようになり、今日に見られるような温泉街に発達する。一方で歓楽温泉から健康的な温泉へイメージ変化を図っており、1978年|昭和53年には弓ヶ浜に海水浴場を整備、1981年|昭和56年日本で最初のトライアスロン競技が開催され、その発祥の地として毎年大会を開催している。その他スキー、キャンプ、登山、釣りなどの拠点としての開発も行っており、その他イベントの開催や郷土文化の伝承、来訪者の手形を嵌め込んだ海岸遊歩道の整備など様々な試みが行われている。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク



  • 皆生温泉旅館組合








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年11月27日

    温泉[芦原温泉]

    全国有名温泉ガイド芦原温泉



    芦原温泉(あわらおんせん)は、福井県あわら市温泉(旧越前国)にある温泉。



    アクセス



  • 鉄道

    JR北陸本線:芦原温泉駅からタクシー10分。

    えちぜん鉄道三国芦原線:あわら湯のまち駅


  • 飛行機

    小松空港よりタクシー45分。


  • 自動車

    北陸自動車道:丸岡インターチェンジ|丸岡ICから20分、金津インターチェンジ|金津ICから15分。



    泉質


    含塩化土類食塩泉



    温泉街


    歓楽的要素の多い温泉街。北陸三湯(山代温泉、山中温泉、片山津温泉)に比べて大阪に近いのでアクセス的に有利。



    歴史


    明治16年開湯で、農地の灌漑工事を行っている最中に噴出した。その後は関西地方の奥座敷として発展を遂げていくが、昭和31年に大火に見舞われ、温泉街は烏有に帰す。その後、新たな都市計画の元に碁盤目上に区画された温泉街が作られた。農地のど真ん中にあるため風景は平凡で、それゆえ各旅館とも庭園など外観に力を入れている傾向がある。2004年に発生した温泉偽装問題では、温泉利用表示に問題がある旅館および源泉の無断開発の疑いがある旅館が複数軒あり、ニュースで大きく取り上げられた。これをきっかけとして、あわら市独自の温泉表示に関する基準が設けられ、それを満たした施設には「温泉表示マーク」を交付するようになった。同マークは2004年12月から交付が始まった。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク



  • 芦原温泉旅館協同組合


  • あわら市観光協会








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:20| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年11月26日

    温泉[湯の川温泉]

    全国有名温泉ガイド湯の川温泉



    湯の川温泉とは、

    ・北海道函館市にある温泉→湯の川温泉 (北海道)。

    ・青森県むつ市川内町にある温泉→湯野川温泉。

    ・島根県斐川町にある温泉→湯の川温泉 (島根県)。








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



    posted by 温泉情報屋 at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年11月25日

    温泉[箱根温泉]

    全国有名温泉ガイド箱根温泉



    箱根温泉(はこねおんせん)は神奈川県足柄下郡にあるいくつかの温泉の総称。箱根山|箱根火山の麓から中腹まで、あちこちに温泉街が点在している。付近は富士箱根伊豆国立公園に指定されている。







    歴史


    開湯は奈良時代の天平10年738年、釈浄定坊が発見した『惣湯』。この源泉は現在も使用されている。箱根山は、源頼朝が反平家の最初の合戦『石橋山の戦い』(治承4年1180年8月)に敗れた後に潜んだ場所。強大な箱根権現(現・箱根神社)別当・行実の庇護下に再起の機会を待った。平家打倒後、箱根権現は源頼朝以下の鎌倉将軍家から厚く信仰された。鎌倉武者たちは、参詣の行き帰りに温泉に入ったと思われる。箱根温泉が知られるようになったのは、豊臣秀吉の小田原征伐|小田原攻め。広大な小田原城を攻めるのに、全国の武士を集め長期滞陣したが、その無聊を慰めるため温泉に入ったといわれている。江戸時代は主要道東海道に沿った温泉として繁栄、箱根七湯として知られた。徳川家光・徳川綱吉の時代には、将軍への献上湯を度々行った。この頃の箱根七湯は、湯本、塔ノ沢、堂ヶ島、宮ノ下、底倉、木賀、芦之湯。開湯は古いが街道から大きく外れていた姥子の湯を入れて、箱根八湯という場合もあった。なお、江戸時代の温泉番付によると、芦の湯温泉が前�
    F,>e0L$K%i%s%/$5$l$F$$$k!#L@<#0J8e$O!"H":,EP;3E4F;$,;3>e$^$GC#$7$F!"$5$i$K!"B@J?MN@oAh=*@o8e$^$b$J$/!">.ED5^EEE4$,H":,EP;3E4F;H":,ErK\1X$^$GD>DL1?E>$r3+;O$7$F!"Hs>o$KJXMx$K$J$C$?!#



    各温泉





    [ 箱根湯本温泉 ]


    箱根の玄関口にある温泉。箱根登山鉄道箱根湯本駅下車すぐ。泉質は単純泉・アルカリ性単純泉、30〜80℃、神経痛・関節痛・冷え性に効く。箱根で一番大きい温泉街で共同浴場も多い。「湯本温泉」は多数存在する。湯本温泉を参照のこと。


    [ 塔ノ沢温泉 ]


    箱根湯本温泉の奥にある温泉。泉質は単純泉・アルカリ性単純泉、神経痛・関節痛・冷え性に効く。


    [ 宮ノ下、堂ヶ島温泉 ]


    箱根登山鉄道宮ノ下駅下車。富士屋ホテルで有名である。共同浴場の太閤湯があるが、場所は宮ノ下にあっても泉源は底倉からの引湯である。ナトリウム・塩化物泉、神経痛・関節痛・冷え性に効く。


    [ 底倉温泉 ]


    宮ノ下温泉に近い。豊臣秀吉が掘らせたと言われる太閤石風呂がある。ナトリウム・塩化物泉、神経痛・関節痛・冷え性に効く。


    [ 木賀温泉 ]


    宮ノ下温泉に近い。泉質は単純泉・アルカリ性単純泉、神経痛・関節痛・冷え性に効く。


    [ 芦ノ湯温泉 ]


    国道1号最高所付近にある。開湯は鎌倉時代である。単純硫黄泉、神経痛・関節痛・動脈硬化に効く。コロイド硫黄のアルカリ性のお湯で、硫黄系の濁り湯としては珍しい泉質である。古くは江戸時代から文人墨客がこの地を訪れている。


    [ 姥子温泉 ]


    他の温泉から離れた駒ケ岳の北西にある。泉質は単純泉・アルカリ性単純泉、神経痛・関節痛・冷え性に効く。また眼病に対する効能もある。岩盤湧出の岩風呂がある秀明館が有名。箱根地区では唯一といえる、湯治場の雰囲気を残した旅館である。開湯は約800年前とされる。坂田金時が乳母に連れられてこの地に来て、眼病を治したとされる。温泉名も乳母と子、即ち姥子となった。


    [ 小涌谷温泉 ]


    箱根登山鉄道小涌谷駅下車。泉質は単純泉・アルカリ性単純泉、神経痛・関節痛・冷え性に効く。


    [ 大涌谷温泉 ]


    箱根ロープウェイ大涌谷駅下車。泉質は酸性の硫酸塩・塩化物泉、神経痛・筋肉痛・関節痛に効く。なお、この温泉は造成温泉であり、大涌谷で自噴する温泉と、火山性蒸気に山清水を吹き当て造成した温泉を混合している。ここで造られた温泉は箱根各所に配湯される。


    [ 大平台温泉 ]


    開湯は昭和26年。泉質は食塩泉。共同浴場「姫の湯」が存在する。


    [ 芦ノ湖温泉 ]


    開湯は昭和41年。湯の花沢温泉からの引湯で誕生した温泉である。関所や遊覧船乗り場に近い。


    [ その他の温泉 ]
    *仙石原温泉


  • 強羅温泉


  • ニノ平温泉


  • 宮城野温泉


  • 湯の花沢温泉


  • 蛸川温泉


  • 湖尻温泉

    など。



    外部リンク



  • 箱根町観光協会公式サイト


  • 箱根温泉供給株式会社 - 大涌谷温泉の配給元








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年11月24日

    温泉[鳴子温泉]

    全国有名温泉ガイド鳴子温泉



    鳴子温泉(なるこおんせん)は、宮城県玉造郡鳴子町((旧国陸奥国、明治以降は陸前国)にある温泉。鳴子温泉郷の中心地である。福島県の飯坂温泉、宮城県の秋保温泉とともに奥州三名湯に数えられた。



    アクセス



  • 鉄道:陸羽東線鳴子温泉駅すぐ



    泉質



  • 硫黄泉


  • 芒硝泉


  • 重曹泉


  • 食塩泉



    温泉街
    駅前から滝の湯方面ならびに線路や国道47号と平行に温泉街が広がっている。大型ホテル、旅館や湯治宿などいろいろなタイプの宿が存在する。駅前には足湯も存在する。温泉街を歩いて巡る「下駄も鳴子」というキャッチフレーズを打ち出しており、各旅館には宿泊客への貸し出し用の下駄が備えられている。鳴子こけしの産地としてもしられ、温泉街の随所に店や工房が存在する。こけしを作る技術を応用した木工細工を取り扱う店も多くみられる。こけしで有名な温泉地は、他にも遠刈田温泉、土湯温泉、温湯温泉 (青森県)|温湯温泉などがある。共同浴場は「滝の湯」、「早稲田桟敷湯」が有名である。


  • 滝の湯:温泉神社のお湯を使っており鳴子温泉で最も古い歴史を持つ。滝の湯保存会がこの浴場を管理している。古くは隣に位置し、仙台藩に湯守を命じられたゆさや旅館が管理をしていた。なお、ゆさや旅館はアルカリ性の強い「うなぎ湯」で知られ、源泉は酸性泉である滝の湯のそのすぐ側にある。酸性度、アルカリ性度が強い源泉が近接して湧出していて非常に興味深い。


  • 早稲田桟敷湯:昭和23年に、早稲田大学理工学部土木工学科の7人の学生がボーリングの実習で源泉を掘り当てた。それを利用して造られた共同浴場である。1996年|平成8年に改築された。早稲田大学理工学部建築学科の教授によってデザインされた、共同浴場としては極めて前衛的な内外観が特徴。



    歴史


    826年に起きた鳥屋ヶ森山の噴火で、現在の温泉神社より温泉が湧出し始めたのが鳴子温泉の始まりである。源義経と静御前の子供の産湯に使われたことから「啼き子(なきこ)」と呼ばれ、それが転じて「鳴子」となったという伝承がある。



    関連項目



  • 温泉、温泉街、日本の温泉地一覧



    外部リンク



  • 鳴子町観光協会






    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



  • posted by 温泉情報屋 at 04:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2005年11月23日

    温泉[白浜温泉]

    全国有名温泉ガイド白浜温泉



    白浜温泉

    ・和歌山県西牟婁郡白浜町 (和歌山県)|白浜町にある温泉。南紀白浜温泉 を参照のこと。

    ・静岡県下田市にある温泉。下田温泉 (静岡県) を参照のこと。

    ・千葉県安房郡白浜町 (千葉県)|白浜町にある温泉。白浜温泉 (千葉県) を参照のこと。








    Wikipediaより引用
    - Article
    - History
    - License:GFDL



    posted by 温泉情報屋 at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。